初めて記念日

赤ちゃんの成長過程での「初めての記念日」という物がありますが、虎ちゃんにも「初めての記念日」です。

今回のダウンから快復を始めた鍋いっぱいのおかゆは、虎ちゃんが初めて作ってくれた物でした。
もちろん、私は以前にも胃潰瘍の体験はありましたけれど、たとえ総菜物でも何とか食事の用意をしてきました。自分だけはおかゆを食べようと思えば、自分でおかゆを作りました。

が、今回はギブアップ
今までより重症だったわけではないのですが、歳を取って来た分だけ心も体も弱くなったのでしょう。
私は姑の介護の対外的対応以外の(これは今までやっていない虎ちゃんにはどうしてもできませんから)家事を放棄しました。
あちこちにコンビニの林立するこのご時世では、飢え死にすることはありませんから、その気があればなんとでもなるというわけです。

放棄期間は1週間にも満たなかったのですが、その間に私は虎ちゃんの「初めての弁当」を見ました。冷凍食品や総菜物を会わせればいくらでも弁当は作れるものです。弁当にしか経験のない虎ちゃんにはコンビニで弁当を買うことが念頭になかったのでしょう。今は、それなりによいグッズもあって、弁当は簡単に作れます。それこそ、ピンキリです。でもでも、虎ちゃんが自分で弁当を作ったのにはただただ 私はコンビニで買うと思っていたからです。

そして、先日わらべ唄サークルの時、私は責任上出かけました、飲まず食わずの状態でしたけれど、無理をして・・・。虎ちゃんは心配していましたけれど、私はどうしても出かけたかったのです。今思えば、出かければならなかったのでした。

久しぶりに出かけた私は「私は夕食におかゆを食べる。あなたの分はなんとかして」と言ったのでしょう。
おかゆを作りに下に降りたら、虎ちゃんが「私が作る」と言いました、これまた
料理などしたことのない虎ちゃんです。
まず鍋の使い方から知りません。IHになってもう7.8年でしょうか。その間に彼が慣れたのは、まだ鍋を使えるところまでいっていません。
画像

これはふた部分を重点にとったので上からになりましたが、高さも十分にあります。
この鍋の使い方レシピ本と、私の好みの米と水の量を、更にどちらが塩か砂糖かも教えて、私は休みました。
そして、虎ちゃんは結婚後「初めてのおかゆ作り」を体験したのでした

お陰で私は順調に快復したのですけれど、問題はその後です。虎ちゃんには私が家事放棄したのが余程堪えたのでしょうか、おかゆだけでなくそこには虎ちゃんの変身がありました。
台所で洗い物をしている虎ちゃんは、私より余程きれいにヒーターなどを磨いていました。
定年退職した以上、これからの生活では、少しは家事を手伝うことが一緒に生きていくことだと理解したのかも知れません。

それだけではありません。今日は午前中に約束があったのですが、洗濯機のできあがりが間に合わず、とりあえずたたんだものの干す間もなく私は出かけました。
急いで帰宅すると、洗濯物がきちんと干されていました
なんと、手抜きの私はいつもなら洗濯ばさみ一つしか使わないのに、虎ちゃんはきちんと2カ所をとめて・・・らしいなあ(>_<)
さらに、今夜は虎ちゃんの仕事は夕方で、夕食を早めに作っていたところ、その間に洗濯物を取り入れてくれたという「初めての○○


「人間万事塞翁が馬」とは好きな言葉なのですが、苦しんだ後にこんな喜びが待っているのも良いですね。災いから逃げてはいけない。

実は、虎ちゃんが「介護初めて記念日」に入るにも、とても大きな事件があったのです。
私には大きな災いをうけながら、結果が喜びという・・・・今回はそれには触れませんが^^

"初めて記念日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。