畑の草取り

久しぶりに別宅に出かけて、帰りはいつものように道の駅「3姉妹の里」に立ち寄った。
3姉妹の像にマスクがかけてあった。
こんなときだから、私達もマスクをしてそそくさと立ち去るつもりだったが、通りすがりに「オクラ」と「大葉」の種を買ってしまった。
やっぱり「花より団子」だなあ。
IMG_6921.JPG
オクラの種まきにはやや遅い気もするが、ダメ元で今日、種を蒔いた。大葉は家の前の小さな花壇に植えようか、それともプランターに植えようかと迷っている。以前コジロが何かの記念にもらってきた種をパラパラと花壇に蒔いたら、大葉が出てきて、とてもながく楽しんだ。花壇も今はほとんどタラの木に占領されているようだ。端には「茗荷」も出ているが、葉っぱだけで,昨年は茗荷を食べられなかった。知り合いが「土がもう少し柔らかいといいんかなあ」と言った。ううむそんなことも放置の私だった。大葉は花壇とプランターに蒔こう。芽が出たら嬉しいな。
花壇と言うけれど、我が家の玄関先の花壇は、花壇ではない。花などどこにも見当たらない。大工さんは「丸く刈り込んだツゲなどを植えておくと良いですね。」と言われたが、「花より団子」の私以外に世話をする人はいないというわけで、こうなってしまったのだ。
私が何かで見つけて飛びついた「とげなしタラの木」はやはり珍しいものらしい。先日姉に3本あげたが、まだほしいと言う人もいる。しかし、「生き物」だから、欲しい人が取りに来てくれないと抜けない。猫の額のタラの木は、2階があるので、本当の猫の額なのだ。2階につかえるので切って…と言うより、ブロック越しに光を求めて隣に枝を伸ばそうとするので切っている。かわいそうだ。今度、畑の隅っこに1本移し替えてあげようかとも思っている。
今日は私は久しぶりに、畑に出た。オクラを早く蒔かなければならないからだ。今年は夫がせっせと草取りをしているので、ジャングルではないが、先日の雨のせいか、土の表面には雑草の芽がびっしり。これは、一人で地道にやるのは大変だなあと、反省をする私である。




"畑の草取り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント