のどかな春の日

わずかに降った雪も、すっかり溶けてしまった。
昨夜は二人で乾杯。と言っても、胃のない夫には無理だから私一人で乾杯。マーゴちゃんの合格ニュースを聞いたのだ。「うちの子供の時はどうだったかな」と思ったが、田舎のこちらでは高校は選ぶまでもなかった。地元の公立高校は1つだけだった。それでも息子達は国公立の大学に行ってくれた。理系だっただけに、助かった。
私の時は昔の話だ。地域で女が4年の大学に行くというのは姉が初めてだった。「女が4年も大学に行ったら、嫁の行く先がない」と言われたものだった。「女のこを外に出したら、ろくなことはない」そんなこんなを言われながら、姉は結局合格していた都会の大学をあきらめて地元のいわゆる駅弁大学に入った。それを覚悟していた私は気楽なものだった。姉と同じ大学に入り一緒に自炊をした。昼は弁当を持って行った。農家をしていた実家からは米だけ送ってくれた。ちょっと高めの奨学金を受け取って、私達は家庭教師などのバイトをしながら過ごした。そんなことを思うと今は甘いなと思う。ま、親としてもそんなものだが。
気がついたら、マーゴちゃんが大学生になろうとしている。結果はまだ分からないが、人生何が良かったかはすぐには分からないこともある。ただ、ママはコロナ禍でとても健康に心配りをしたのだろうとは思う。
夫は天気の合間を縫って畑を耕している。猫の額ではあるが、昨年チビ子はなちゃんが熱心に芋掘りをしていたこと、まだ心に残っている。小虎ちゃんも来たそうだったので、やっぱりサツマイモは植えようと言うことになった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント