ビアノ

 私が子供のころ、ピアノはとても貴重なものだった。東京に行って成功した祖父の兄弟が、地元の分校に縦ピアノを寄付してくれた。それまで分校にはオルガンしかなかった。ピアノは普通は鍵がかかっていて、誰でも気軽に触れるものではなかった。私はとてもピアノに触りたかった。  中学校になって私は合唱部に入った。とても熱心な先生だった。ある日校内の合…
コメント:0

続きを読むread more