マーゴちゃんの追っかけ

先日会った友人が「今何をしているの?」と言ったので「孫の追っかけ」と答えた。

自分の子供の時には運動会もろくに行けなかったのだが、
今は「運動会だ」「発表会だ」と孫の所に行っている。
「ばあちゃんが来ていいのは小さいうちだけ」と言われるが、確かにそうかもしれない。
別宅からはどちらの孫の所にも日帰りで行ける。

昨日は小虎ちゃんの運動会だった。
お昼はコンビニでおにぎりでも買っていこうかと思っていたけれど、ママが沢山のお弁当を保ってきてくれたので一緒に食べた。
運動会のお弁当など、今では、私には遠い世界だ。
たこに切ったウインナやミニオンのハムなど、弁当箱のふたを開けるとかわいさが広がる。
ミニトマトやブロッコリーなど彩りも栄養も考えている。
というわけで、作ってもらったお弁当でおなかいっぱいになった私達だった。

いろいろあって、彼女のお父さんにもお会いできた。
というより、彼は運動会の来賓だったのだが。
ちょっとした事件があって彼は顔を出してくれた。
この辺りじゃかなり顔が利くらしい。
まあ地区の名士でもあるわけで。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック