紙芝居

 月に一度だが近くの保育園で「とらちゃんとはなちゃんの紙芝居」をしている。4月から園長先生が代わったので、どうしようかと思っていたが、ちゃんと引き継ぎをされていたようで、なんだか続けることになってしまった。まあ、この程度ならちょっと刺激にもなるしぼけ防止にも良いかと、そのまま続けている。ついでというか何というか、夫は「保育キーパー」として月に何日か保育園にお手伝いに行っている。
 今年代わって見えた園長先生は、私たちのことをとても喜んでくださっているようだ。
「地域の方がこうして保育に関わってくださるのは良いですね。いろいろとできる方がおられると思うのですが、なかなか園まで見える方はいませんね。どこの園でもきっと喜ばれると思いますね。」でも、私はこれ以上手を広げないように注意している。私が紙芝居をやるきっかけになった友人は2.3ヶ月先まで学校や保育園での紙芝居の予定が入っている。
 彼女と月に1回隣県で全国の集まりがあるときに紙芝居をやっていたのが私のきっかけだった。彼女から「場数を踏むためにも近くの保育園などに行ったらどう?」と言われたのがきっかけだ。保育園に行くと言ったら、夫が「私も一緒にする」と言ったのだ。そして、毎月3本、夫が2本と私が間に1本やっている。結局私が手抜きなのだが(^^;)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック