おみやげ 海産物編

 おみやげについて、またまた語ります。今度は写真などを撮っておくことにしましょう。
 今年の夏にはまったおみやげは、季節限定の「甘エビの昆布〆」ちいさな桶にほんの一口入っているのですが、なかなかおいしいです。でも、1日にそれほどたくさん作らないので、午後には売り切れています。午前11時に行っても、残り1個しか無いこともあります。
 虎太郎のお嫁さんは、魚が大好きで、太平洋側の魚より、こちらの魚がおいしいと言うのでよく持っていきます。近所の魚屋さんの「ハタハタの一夜干し」これが実にほどよくジューシーで、何十匹でも、喜びます。特に、子供には同じ白身でも鯛のようにモサモサしなくて、食べやすいようです。ママは上手に背骨を抜いて、子供たちに食べさせています。トロ箱一つ分を買って自分で干す人も居るので、私もおしえてもらおうかなあと思っています。
 ママは「浜焼き鯖」も好きです。子供の頃、田植えなどがあると「田植え見舞い」と称して、丸々1匹、串に刺して焼いた焼き鯖が何本も届けられたり、配られたりしたのを覚えています。「結い」と言う習慣で、田植えの時にはみんなが手伝って、一気に終わらせます。その人たちに、1本ずつ配るのです。「ぼたもち」と共に。「ぼたもち」は、いわゆる「おはぎ」と同じものなのですが、田植えの時期は牡丹の季節なので「ぼたもち」と言うそうです。秋の稲刈りのときは萩の季節なので「おはぎ」だとか。あら、脱線^^; ママは言います。「丸々一匹焼いた焼き鯖を食べると、もう切り身焼いたのを食べられない」と。初めてママが我が家に遊びに来たとき、一人で1匹を食べてしまいました。それで、私は時折、焼き鯖をおみやげに持っていきます。鯖がよくとれたこちらでは「へしこ」という鯖のぬか漬けもあります。
 最近、炭火焼きのおいしい焼き鯖を真空パックで売っている店を発見しました。これだと冷凍できるのです。でも、これも日によってあるときと無いときとがあります。やっぱり予約が必要かも知れません。
 焼き鯖に並んで、時々持っていくのが「焼き鯖寿司」これも、最近は店が決まっています。結構鯖の身が分厚くて、ご飯との間にショウガが入っているものです。ここのおじさんは、1本の値段を200円負けてくれます。私は負けてくれないと買いません^^;
 虎次郎には、時々梅酒を持っていきます。これは2年前に姉の畑で梅がたくさんできたときに、もいできたものです。このときは、山のような梅の中で、蜂蜜梅干しや、梅ジュースも作りました。
ホワイトリカーだけで無く、焼酎やウイスキーなどでも漬けました。一般に梅酒は甘いのですが、男性が飲めるように、梅ジュース以外は、砂糖はをずっと押さえたので、梅焼酎という感じで飲めると言うことです。
先日も1本持っていきました。
画像

 そして、これから冬になるとカニです。「ズワイがに」の雌は「セイコガニ」と言って小さなのですが、甲羅の中の赤子はとてもおいしいです。これは11月半ばから1月はじめまでしか食べられません。タグ付きの越前ガニはとても高価なので、春先、脱皮して殻が柔らかいものは「ズボガニ」とか「水ガニ」とか言ってとても安くなります。ちょっと味も薄めなのですが、子はなちゃんたちには、どんどん持っていってあげられます。脚の身がスポンスポンと気持ちよくとれるのも嬉しいのです。
 そうそう、冬場は「ふぐ」もあります。知り合いの兄弟の兄がふぐの養殖をしていて、弟がふぐ料理の板さんになっています。全国に冷凍宅配してくれるので私はよく利用しています。

 我が家は姑が魚嫌いだったので、虎ちゃんもほとんど魚を食べて育ちませんでした。
 せっかく魚のおいしいところに育った息子たちにもたくさんおいしい魚を食べさせられなかったので、今頃せっせと魚を届けています^^
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年10月14日 23:37
うわー、どれもこれも美味しそうなものばかり。
何とも羨ましいですね。ヒゲおやじも焼き鯖は大好きですが、1本丸ごと焼いたものは見たこともありません。
カニも大好きです。以前越前の民宿で取り立てのカニを鱈腹食べましたけど、こちらで食べるカニとは全然別物のような味でした。梅の焼酎漬けもいいですねえ。これ。年数が経つと茶色くなって、まるで高級なウイスキーみたいになるのですよ。うーん、よだれが出てきた。
2011年10月15日 09:05
ヒゲオヤジさん
ありがとうございます。
息子たちが県外に住むようになってからは、地元のおいしいものにアンテナを張るようになりました。
新鮮なカニは、甘いですよね。
こちらではシーズンになると、茹でたての湯気の出たものが店先で売られます。

この記事へのトラックバック