取扱説明書

ミシンを買いました。布遊びをしたくて、古いミシンを出したのです。もううまく動かなくて新しい物を買ったのですが、大変。単純なもので良いと思っていたのですが、上糸のかけ方や下糸の扱いなど、昔とはまったくちがうのでうろうろです。しかも使用説明書はビデオなので、わかりやすいと言えば分かりやすいところもありますけれど、知りたいことがいつ出てくるか、延々とビデオを見ているあいだにうとうと・・・。
 今回は縦横18センチのパーツを作ることにしました。それをたくさん^^ 小さな布は継ぎ合わせて18センチにします。慌てず、ゆっくり取り組みます。私にできますかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年10月13日 13:08
はなさんこんにちわ^^
我が家にも古い足踏みミシンがありますが
糸取りバネが壊れてしまって縫うことは出来なくなって
しまいました。それさえ直ればばっちりなのですが・・・。布遊びの作品楽しみにしていますね^^
古いものを直して使う時代ではもうないのでしょうか。
2010年10月13日 18:16
あゆ民の最初のミシンは母が使っていた足踏みミシンでした。
壊れてしまったので足踏みミシンを自動のミシンに作り変えて頂いたことがありますよ。
それも何年も使っていたら壊れてしまいましたが・・・。
はなさんの作品を楽しみにしています。
2010年10月13日 18:25
風華さん
そういえば、裁縫の好きだった母は、足踏みミシンを油を差して手入れしながら大事に使っていました。
昔の物の方が単純なだけに丈夫なのかも知れませんね。
最近の物は細かい機能がつきすぎて、私にはとてもとてもです^^;
2010年10月14日 00:09
あゆ民さん
いつできるとも分からないものですから期待しないで下さい。
今はとにかく古布をつなぎながら18センチのパーツをぼちぼちと作っていこうと思っています。
完成できたら嬉しいですね。
でも、ちょっぴり夢を持つのもいいですね^^

この記事へのトラックバック