テーマ:老い

優子と秋雄

 「はな」のママもコンビニを経営しているとのことでなかなか会えなかったが、ようやく連絡があった。 都合がついて出かけたら、ママさんはコーヒーを入れてくれた。豆からひいたいつものコーヒーで、秋雄はホッと一息ついた。  ママは知識も豊富だし、レストラン喫茶店コンビニなどを経営しているだけ、その接客態度ていうか対話はなかなかなもので、思わず…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋雄の場合 その2

 すべてのしがらみを断ち切って、今自分はここにいる。喫茶店のコーヒーは薫り高く、窓から内海の静かな波を見下ろしながら、秋雄は再び命がみなぎってくるような気分だった。  そうだ、案じることはない。 自分一人食べるくらいなら、日雇いでもアルバイトでもしよう。これからは財産も肩書きも何もない自分自身の人生を生きよう。まさにこれこそ「自分で生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジャー優子の場合

 同じ親が育てたというのに、姉妹でこれだけ違うのか、優子(仮名)は姉とは全く違った生活をした。両親は、これからは女性も経済力がなければいけないと姉妹を大学に入れ、二人ともきちんと資格をとった。姉は堅実な公務員となり、優子も最初は公務員となったがすぐに退職した。彼女にはこの生活が性に合わなかったのである。  自立して生きるために離婚した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黄昏結婚

私の古くからの友人は一人暮らしだ。 職業婦人であった友人だったが、結婚したもののすぐに家を出た。 理由は姑から見れば単に嫁でしかなく、とても仕える気にならなかったのだという。 何故姑にこんなに見下されなければならないのかと憤り、家を出たという。 彼女に言わせれば、 日曜日に仕事があるときに、夫ならば「日曜日なのに大変だねえ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サツマイモ

最近、リフォーム予定が早くなったことや新しい予定もあって、忙しい日々を送っています。 週に1回は会う一人暮らしの友人から珍しく電話がかかってきました。 「大丈夫?つぶれているのじゃないかと思って」と。 それで久しぶりに買い物がてらに彼女の家を訪れました。 彼女は昨年リフォームして、離れを壊したところに適当にサツマイモを植えま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酷暑&リフォーム

最近人気のスギちゃん、「ワイルドだろう?」と出したのが、洗濯の小物干し。 洗濯ばさみがたくさんぶら下がっている物だ。  よく見るとまともなのは1個しかない。 我が家の小物干しも良く似たものだった。 細かい洗濯ばさみはカゴに入れて室内にあるのだが、小物干しはずっと外に出ずっぱり。 干そうと洗濯ばさみを持つと、ポキッと折れてし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

徘徊

 朝晩は少し涼しくなり、窓を開ければ過ごしやすくなった。  先日は、初めて1週間のショートでちょっと案じたけれど、やはり平気な顔で機嫌良く帰宅した姑だった。今日はディケアの日なのだ。ディケアは精神科の病院がやっている認知症者対象の医療施設で、これとの出会いも我が家ではとても助かっている。  近所の介護友など、お母さんの通院が一苦労な…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

敬老の日

 御園座に引き続き今回の別宅メンテと、姑には初めてのロングショートスティとなったのがちと気がかり。でも、以前もこちらが気にしているほどではなかったから、大丈夫かなあ。姑はアルツハイマーなので、毎日出かけても家にいてもあまり気にならないらしい。でも、姑には家にいるよりも施設にいる方がいいらしい。家にいると何もすることがなくて退屈で、今では…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

手紙

今日は文房具などを整理処分しました。しまったままの古い手紙もありました。思い出として保存しておきたいものはたくさん残っているクリアファイルに保存しておくのもいいかなあと思いました。しまっておくだけでは、そのまま二度と見ることがないと思いますから。儀礼的な便りは思い切って処分することにしました。 懐かしい大学の恩師の手紙は巻紙に書か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

物置の移動

もう老後のための別宅もあるのに、リフォームにお金を使う必要はないとは思う。しかし、認知症の姑を別環境に連れていくわけにも行かず、私達は容赦なく老いていく。こうなったら1年でも2年でも多く、心地よい環境に住みたいものだ。 何十年と我慢して慣れていたことではあるし諦めていたことでもあったが、2階暮らしの私は、2階にトイレが欲しかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惚けるが勝ち?

今日は久しぶりに介護友とあった。姑は在宅なのだが、午前中は虎ちゃんがいるので美容院や買い物など出かけたついでに介護友ともしばらく話した。午後は虎ちゃんが会議に出かけるので時間までに帰宅。 先日介護審査に見えた方は、「アルツハイマーとの診断が10年ほど前におりていますけれど、私はアルツハイマーの方への訪問は苦手なのですよ。感情が安定…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

熱中症?

炎天下で、小虎ちゃんと海水浴に行っていても、熱中症にはならなかった私。 ただ、真っ赤に焼けた膝小僧はしばらくヒリヒリしていて、くるりと皮膚が一皮むけてテラテラの皮膚が痛いのは人生何十年ぶりだろうか? そんな私が熱中症? 先日、子供達が大根の種を収穫する活動に参加するために出かけた。 朝から、ちょっと体調が悪く動きたくなか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

父の他界

というわけです。父は,見ている間に呼吸が弱くなりました。老齢では,肺炎は仕方ないでしょう。 新しいシステムのお陰で,姑は3日ほどデイをお願いできることになりました。 奔放な父でした。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

年末の1日

姑が今日もディに出かけました。 今までは2日連続でディに行ったことはないのですが、今回4日連続ですが,本人はニコニコと出かけました。 帰宅するとディでやったことや,本人の様子などの記録もあるので,楽しみです。 本人は何をしたのかは覚えていませんが,楽しんでいた様子が伝わって,ありがたいです。 新しい施設のディは送り迎えの時間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いろいろな偶然が重なって・・・

 私のお間抜け迷子が引き起こした姑の徘徊は,私にとってかなりショックだったが,それは,何も語らない私以外の人たちも、多分同じではないだろうか。その瞬間まで,誰も姑が徘徊をするとは全く思っていなかったのだった。今まで,一人では一歩も玄関から出ない人だったのでそれだけは安心だったと言う私に、安達祐実似のケアマネさんは、「それが認知症ですよ」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

道を究める

 昨日は,かねてから相談していた友人達と三者会談。奈良県の墨彩画家さんと,我が県トップの紙芝居屋さんと私。画家さんと紙芝居屋さんはお互いに名前は知っているけれど合うのは初対面と言うことで,二人とも意気投合して,なかなか豊かな内容の対話が展開された。私は座っているだけ  中でも,彼女の師匠である83歳の紙芝居…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

明日はおでかけ

グッドタイミング,明日は一人で別宅に出かける。夫の机の搬入受け入れのために。何で受け入れが夫の仕事の日なんだろうか。ちっとも深くは考えていなかったのだけれど、第二の人生は,夫も妻もそれぞれ伸びやかに生きればいいのではないかと思う。 今は,家政婦状態の私がいないと夫も姑も困ることを知りつつ・・・ たまにいないとありがたみがわかるか,…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

懺悔

 姑に対しても夫に対しても,私が横着なのはわかっている。 私もかなり傷ついている。おやすみ
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ようやく余裕の大垣

虎ちゃんが定年退職して半年以上経った。完全に毎日サンデイではないのだけれど,大きな責任を肩からおろして,今は訳のわからない軽い仕事を少しだけしている。軽いと言っても,仕事に慣れるまではそれなりに大変だった様子だ。 今までは別宅に行っても、仕事や姑の在宅の都合などで,帰宅のための移動は一目散だったような気がする。しかし、最近,ようやく肩…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

共同作業

タレントの○山紀之が父親になったことに関するインタビューが流れていた。 「育児を手伝いますか?」 「ええ、もちろん。共同作業ですから」と彼は答えていた。 私は内心「そうだ!!共同作業だ!!」と思った。 家事育児は女の仕事と戦前育ちの老人は思っているが、今は家庭は二人で築く物なのだ。 共働きの虎次郎はもちろんだが、妻が専業主…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

一人の週末

やっぱり文体は、常体より敬体の方がいいでしょうか。 皆さんの慣れもありますので、これも、ぼちぼちにします。 ケアマネさんのお陰で、毎週の週末は姑のショートステイを確保してもらっています。キャンセル可能と言うことなので。今週末は、法事と虎ちゃんの仕事のイベント振り替えでこちらにいます。今日は虎ちゃんが仕事に出かけて、姑は明日までシ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

いい天気なのに・・・

明日からは天気が崩れるとか。 今日はほんとにいい天気 誰かと話がしたくなる (ううむ、思い出してしまった。工藤直子の『のはらうた』の中の詩の一節、私はこの詩が大好き^^) 今日は虎ちゃんを法事に送ってから、二人の友人に連絡をしたけれどつながらない。 諦めて(?)布団干しや大物洗濯などをしてしまった。 プランターの整理とか、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白山スーパー林道

昨日は別宅に用事があって出かけた。 お仏壇の件なのだが、それはまたの機会に。 明日は、こちらで親戚の法事があるので、今日中に帰宅せねばならない。 昨夜別宅のPCが妙に遅くていらいらしたのが気になっていた。 朝虎ちゃんが見ていてもやっぱり遅いので、ブロバイダーに連絡をした。 ようやく混雑状態から脱出して11時には解決、サクサ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

移住

物置の片付けをしながらふと思った。 昔はいつか役に立つかも知れないといろいろな物をとっておいたものだ。 でも今は、もう使わない、もういらないと見限る物の多いこと。 これが、歳という物かも知れない。 「林住期」はゆっくりと自分の後始末をしながら、その人生の結果を味わう時期なのだろうか。 虎ちゃんは現在仕事をしているけれども、どう…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ちょいと思い出、そんな歳です。

明日は、虎ちゃんが出張なので、今日は珍しく、虎ちゃんと私と二人とも在宅でした。 それで、外の小さな物置の中の整理をしました。 あるわあるわあるわ@@; 漬け物の桶や重し、巻きす編みの道具、火起こしの道具、たくさんの畑グッズ、マルチシートやテープなど・・・・。 「もういらないね」と言いながら、車をバンにして、後部座席いっぱいに乗せ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

認知症

この頃思います。 自分が認知症になったのかなあって。 季節が変わって衣類が変わることに対応できないのです。 自分の服さえ対応できないのに、どうして姑の服まで・・・と。 だって、どんな服がどこにあるかもわからなくて、一度探しても覚えなくて(^_^;) おかげさまで、夫の虎ちゃんは若い頃とは違って、自分の衣服の交代をしてく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リフォーム

一人暮らしの友人が老後のためにリフォームをしています。 システムキッチンにして、お風呂をゆったりと入れるようにして、冬の暖房はかなりの金額を投入して蓄熱なんちゃら(?)にして、夜間電力を利用して、1日中家中が暖かいのだそうです。 灯油を入れたり運んだり、購入したりなんてもうできないからと言っていました。 衣類収納も一部屋、季節の服…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまた ゆっくりと

今週末も姑はショートに出かけました。 私達は昨日の紙芝居イベントもあり、今週末は出かけませんでした。 毎週まーごちゃんたちの運動会などで出かけていたのですが、今週の日曜日は二人だけでゆっくりと過ごしました。 まーごちゃんに会うのは、それはとても楽しいことなのですが、ひさびさの何も無い日曜日、お昼から映画を見に行くことにしました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

特別養護老人ホーム

虎ちゃんが休みだったので、連れて行ってもらいました。 私も、最近は1時間半もの車の運転は苦痛になってきました。 先週肺炎だった父は、今週は落ち着いていました。 父を車いすで母の部屋に連れて行きました。 たいして対話も無い二人でした。 同じ施設に入所している近所の人が懐かしそうに話しかけてきて、それで賑やかでした。 3時の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後は夫婦

「おっと、米が無くなった」精米に行かなくてはならない。 我が家は老人3人で生活をしています。 私は玄米を食べたいのですけれど、姑は白米を希望し、虎ちゃんは、何とか譲ってくれるかもという状況です。 それで時々玄米を炊いて、1食分ずつ冷凍しておいて、無くなると私も白米を食べています。 今日は白米を切らしました。最後の白米を炊飯器で予…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more