火事の後

火事は怖い。何もかもなくなるのだから。
お隣さんから出火した日を今でも思い出す。
夫が必死で2階ベランダで水をかけていた。
自分の家にもお隣さんにも。
類焼全焼した向こう隣さんは今年平屋を新築された。
夫婦ふたりなのでそれで良いのだろう。
出火したお隣さんの土地は、売りに出されていたのは知っているがその後どうなったのかは分からない。
未だに空き地のままなのがむなしい。

私は別宅があるから今さら土地は要らないんだけど、儀姉は自分の隣の空き地を買うために隣を買って欲しかったようだ。
夫は「買う」と言った。
なるようになるだろう。

"火事の後" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。