遭難した親子

早朝にテレビを見ていたら、ほとんどがアメフト事件だった。
その間にひとつ親子の遭難事件があった。
30代の父親と6歳の子供が3週間ぶりに発見されたが、すでに帰らぬ人だった。
遺体は折り重なっていたという。
この二人が死に至るまでどんな様子かと思いをはせると胸が苦しくなる。
親は最後まで子供を守ろうとしたんだろうな。
ひたすら救助隊が来るのを待っていたんだろうな。
捜索隊が行くには困難な場所だったらしい。
・・・・・・胸が痛む。

"遭難した親子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。