近況報告 忙しいのが華

 今月は虎次郎の仕事が忙しいので、毎週週末は孫守りとなっている。週末に虎次郎の仕事が入ってくると、子虎ちゃんを引き受ける。

 最近は別宅への往復に下道を使っている。高速はお金がかかるのもあるけれど、景色も何も楽しめない。いろいろなところを見たり道の駅などに立ち寄ったりするのも案外楽しいものだ。

 先日は古い道路を行った。途中に昔の鉄道のトンネルだったところがある。
画像

一方通行で結構長いトンネルなのだが、この道路、なかなか味がある。先日は道路の真ん中に猿がいた。写真を撮ろうかと思ったが後ろに一台車が付いてきていたので止めた。

 友人は「二重生活はお金もかかるでしょう」と言うが、交通費以外はなんとかなる。別宅を出るときには冷蔵庫の中を空にしてブレーカーを落としてくる。保冷バッグをもって行き来するのだが、それも二人きりの生活なのでなんとかなるものだ。

 虎ちゃんは完全退職したのに行ったり来たりとまだまだ忙しいが、それも良いらしい。もっとも、それ以外にもいろいろと用事もあり、地区の係なども引き受けているので、しばらくは変化を楽しむことにしている。

 今、何よりも嬉しいのは、別宅に行ってマーゴちゃん達と会えることだ。子虎ちゃんは少し大きくなったので感情表現も豊かになった。今回は、別れるときにちょっと寂しそうにしていた。
 物を買い与えるのは良いとは思わないが、別宅の近所に100均がある。最近の子虎ちゃんはそこに行くのが楽しみらしい。ルールは1日に1回一つだけとしている。3歳の子が親がいないのに機嫌良くしているんだもの、ジュース1本分の値段だわと私は自分に言い訳している。もちろん虎ちゃんは買わない。散歩して、いろいろと悩んで105円の物を手に入れて喜んでいるのは、私には許せる。トイザらスななんて恐ろしくて、絶対に何も買わない。買ってあげたいと思うときもあるが、味を占められたら後が怖いから。

 姑は要介護5となった。もう在宅では不可能な状況だ。医療機関からはこれで医療処置は終わりと言うことで離れた。今回は介護施設併設の病院に入院していたので、退院後入所施設が決まるまで、療養病棟で預かってくれるとの事なので、今、今後の行く先を検討している。
 駅前の新しい施設、すべて個室で高額なのだが、なんとかぎりぎり行けそうで、本当は一番希望だった。でも、ケアマネージャーさんのひとことで動揺した。「個室は寂しがるんじゃないですか?」と。そうなのだ。姑は病院で2人部屋になったとき、相部屋の人は何も話さない人だったのでとても寂しかったらしい。廊下を通る人を見つけると「先生、先生」とか「助けて 助けて」とか声をかけていたようだ。ディサービスなどに行くのを楽しんでいた姑は一人になると不安らしい。
 今後の姑の事も選択を迫られており、あちこちと手続きに奔走して、慌ただしい日々を送っている。

 今日は友人から10月の紙芝居のピンチヒッターを頼まれた。ようし、今度は自分の好きな紙芝居を選んできちんと練習していこう。

 今日も1日無事すぎたことに感謝m(_ _)m

"近況報告 忙しいのが華" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。