久しぶりに外出

 昨日は久しぶりに友人の妹さんと、スーパーであった。以前は良く友人宅に出入りしていたのだが、最近はとんとご無沙汰している。そのまま別れたのだが、昨日、友人から電話があった。明日一緒にサークルに出かけようと誘ってくれたので、了解した。私は長い間どこにも出かけていなかったので、たまには良いだろうと思った。
 今日は妹さんが、友人を送り迎えするそうだ。友人から「一緒に行かないか?」と誘われたので、お言葉に甘えた。コロナが流行ってから1年近く出かけていない。毎日、食事のためにだけ買い物に出かけていた日々だった。妹さんは、毎週この時間にお姉さんを連れて出かけるので、通り道の我が家は良かったら一緒にと言われた。それも良いかも知れない。私はことさら人に会いたいとは思っていないのだが、会わない日々に慣れてしまっただけである。それに、出かけるのが億劫にもなってきたのは、良い傾向ではない。最近感じる「老化一直線」だ。

 考えてみれば、若い頃はほとんどテレビを見なかった。日々の生活に追われて、テレビを見ている暇もなかったような。そんな私が最近はテレビを見ている。…違う。何か気がつかなければならない。でも、それも分からない。ただ、老後をこのまま過ごしていい訳はない。でも…、分からない。来週からは友人の誘いに応えてせめて出かけてみようか。そこから何か見つかるかも知れない。

"久しぶりに外出" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント