サツマイモから、思い出

 私の実家には、子供の頃「いろり」があった。今はその上に床をはってリビングになっている。  子供の頃、座る場所が決まっていた。父はいつも、囲炉裏の薪置き場の横だった。もっぱら父がいろりに火をくべていた。父が座っている場所の下は籾殻が入れてある穴蔵だった。そこには、秋にできた籾殻を入れてあった。そして、その籾殻の中には収獲した「さつま…
コメント:0

続きを読むread more

昔々、あるところに…

 おじいさんとおばあさんがいました。最近はその言葉が頭の中で響く。全く私達のことだ。  まだ夫は社会といろいろと関わっているし、スポーツもぼちぼちとやっているのだが、私は全く家から出ることはない。本当は行くところもないことはないのだが、自分自身が出かける気になれないのだ。これではいけないとは思うのだが…。先日、芋掘りの時、チビ子は…
コメント:0

続きを読むread more

芋掘り 画像

雨の合間を縫っての芋掘りでしたが、とても楽しかったです。 今年はコロナのせいもあって、お盆も誰も来なかったので、正月以来、久々にあえて嬉しかったです。 でも、来られたマーゴちゃんは1人だけでした。 3姫は休まずに芋を掘りつつけていました。 帰りにはオクラも持たせました。久しぶりに楽しかったです。 何も世話をしな…
コメント:0

続きを読むread more

芋掘り

 今日は芋掘りをした。昨日は雨が降っていたのだけれど、ちょうどうまいことに、午前中のみ雨が降らなかった。本当は、もっとかんかん照りの時にやると良いようだが、なかなか時間がとれないのであえてやった。コジロは都合がつかなくて、来られなかった。単身赴任のコタロは、昨夜遅くチビ子はなちゃん(3姫)と二人でやってきた。チビ子はなちゃんは孫の中で一…
コメント:2

続きを読むread more

別世界

何とも言えない日々が続いている。今日はコタロが⒊姫と一緒にやってきた。明日芋掘りをするためだ。今年はお盆も誰にも会わなかったのでとても嬉しい。コジロは都合が悪かったみたいだ。小虎ちゃんと会いたかったけれど、仕方ない。コジロの生活の窮屈さは夫にはとうてい理解できないだろう。
コメント:0

続きを読むread more

実姉

 実姉から電話。たいして用事はないらしいが、数ヶ月会っていないので近況を知ろうとしたようだ。畑もしている姉はそんなことも話したかったようだ。オクラを冷凍保存したら良いとか…。大根の種まきの話とか…。いろいろと参考になった。  本音を言うと、私は、儀姉や実姉が近くにいないことを喜んでいた。姑の⒊回忌も終わって、儀姉も少し離れたところに家…
コメント:0

続きを読むread more

土地

 別宅へ行った。特に用事はなかったしコジロと会えることもなかったけれど。家にいても二人だけだし、夫が言い出したことだから,彼が運転してくれるのだからと出かけた。ちょうど推理小説を読んでたところだった。本を持って出かけた。  この前の本は、何とも嫌な後味の本だったので、今回の本に期待した。しかし、前回の本と妙にオーバーラップしていた。前…
コメント:0

続きを読むread more

午後から雨

 総理大臣が替わった。そろそろサークルにも行かなくてはと思いつつ、なかなか足が向かない私。家の中でゴロゴロ籠もっているのが良いこととは思えないのだが、心か外に向かないのが…分からない。これも老化かなあ。  昨夜は本を読んでいた。もう少しだと思って、気がついたら夜中の12時を過ぎていた。なんか、すごく印象が強かったのか、嫌だったのか…。…
コメント:0

続きを読むread more

畑をするの?

 ホームセンターに行って畑の土を2袋買った。大根の種も買った。レジのおばちゃんがよく知っている人で「畑をするの?」と聞いてきた。すると、「ほうれん草は簡単やで」と言われた。葉物は難しいと思っていたのだが、熱心に勧められるので買ってしまった。ああ、私って…。  夫は「あんたはおれおれ詐欺にすぐにひっかかるよ」と言う。家の電話にはいたずら…
コメント:0

続きを読むread more

ビアノ

 私が子供のころ、ピアノはとても貴重なものだった。東京に行って成功した祖父の兄弟が、地元の分校に縦ピアノを寄付してくれた。それまで分校にはオルガンしかなかった。ピアノは普通は鍵がかかっていて、誰でも気軽に触れるものではなかった。私はとてもピアノに触りたかった。  中学校になって私は合唱部に入った。とても熱心な先生だった。ある日校内の合…
コメント:0

続きを読むread more

芋の試し堀り

いつまでも毎日暑くて…、これは歳をとったせいなのか。今日は、いもの試し堀りをしました。 画像を何とか入れてもらいました。肥料も何もやらず何の世話もしなかったのですが、頑張って芋をつけていました。本当に感謝です。半月後の芋掘りにはもう少し大きくなっているでしょうか。
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対策の進展は?

今日は雨も降ったし、今までより涼しかった。35度はなかったとは言え、体調は悪い。夫も食欲がなさそうだ。ここのところの暑さで、すっかり疲れたようだ。私もエアコンの中でテレビを見ているのが日課になってしまった。ただ、1日に2回は畑に行ってオクラを収穫する。オクラはすぐに堅くなってしまうからだ。この後は大根の種を蒔きたいと思っているが、なか…
コメント:0

続きを読むread more

大変だよ、食べ物

 今日も30度を超えてはいるものの、昨日まで35度以上あったことを思うと、随分涼しく感じられる。それで今日は、夫は少しだけ畑を耕した。私も珍しく畑に出て、オクラやミニトマトの収穫をした。今月末にマーゴちゃん達とサツマイモの収穫を予定しているので、一度試し堀りをしようと思っている。できているかどうか…。農薬もやっていないけれど、肥料もやっ…
コメント:0

続きを読むread more

いつまでですか?

 本当に、誰とも会わず誰とも語らず、と、そんな生活を強いられていながらいかんともできない私達である。これが日本の素晴らしい姿なのかなあ。  今日は台所をひっくり返して、昔買った炊飯器を使おうと思ったけれど、その何チャラがなかった。そんなことに1日かかった。電気圧力釜の使い方だった。これで作りたかったのは、オクラ入りの「肉じゃが」…
コメント:0

続きを読むread more

またまた別宅へ

 またまた別宅へ行った。  途中の道の駅で、昼食を買おうとしたらおいしそうなイチジクが目に入ったので買ってしまった。でも昼食を食べたらおなかいっぱいで食べられなくなったので、コジロに渡そうと思った。  途中のぶどう園で、ブドウを一房買おうと思った。先日、コジロに渡したら「おいしかった」と言っていたから、私達も1つ食べてみようと思った…
コメント:0

続きを読むread more

為政者のやるべきこと

 テレビで富士山に働く人のことを放送していた。懐かしかった。  私が富士山に登ったのは、遠い昔、家族で一度富士山に登ろうと計画を立てたときである。日本一高い山に人生一度は登らないと,と変ながんばりを見せて富士山を目指した。  当時コジロは小学1年生だった。随分大変だったようだ。高くなると息苦しくて大変だったが、何とか全員無事でご来…
コメント:0

続きを読むread more

何となく暑い1日

  今日は曇りだった。時たま雨も降ったが、気温はそれほど下がらない。ただ,いつもと比べるといくらか過ごしやすい。だけど、9月に入って、35度を超すなんて尋常ではない。  今では私よりはるかに体重の減った夫ではあるが、少しずつ畑をすると言ったので、私も出た。ただし、私は「見てるだけ~」の人である。少しだけ耕したらとても疲れたらしい。すぐ…
コメント:0

続きを読むread more

迷子名人

 楽器屋さんに行った。一人で車を運転して行った。久しぶりの運転で、同じところを3回ほど通った。でもお陰で道を覚えた。人に乗せてもらうと、なかなか道を覚えないものだ。お陰で、あの楽器屋さんにはこれから一人で行ける。  私は迷子名人と言うぐらいで、すぐに迷子になる。特に歩いているときはなおさらなのだ。歩いていると気楽になって、いつも通っ…
コメント:0

続きを読むread more