またまた別宅へ

 またまた別宅へ行った。
 途中の道の駅で、昼食を買おうとしたらおいしそうなイチジクが目に入ったので買ってしまった。でも昼食を食べたらおなかいっぱいで食べられなくなったので、コジロに渡そうと思った。
 途中のぶどう園で、ブドウを一房買おうと思った。先日、コジロに渡したら「おいしかった」と言っていたから、私達も1つ食べてみようと思ったのだ。しかし、今日は「シャインマスカット」で、先日のより一房の値段が高かった。私の前にいたおばちゃんは、「先日から2回来たけれど、お目当てのがなかった」と、店のお兄さんに言っていた。「朝早くないと売れてしまうんです。朝のうちに、『道の駅』や『スーパー』などにも届けるので」と言うお兄さんに、「今作れないの?」と言っていた。感心にもお兄さんは、残っているブドウを集めて、注文の品をいくつか作っていた。なるほど、おいしいから一房ずつでも知り合いに配ろうと思ったのだなあと,おばちゃんの気持ちも分かった。暑くて早く済ませたい私は、箱入りの4房を一房いくらかと計算して、急いで買った。残ったら、コジロ達にやれば良いと思ったのだ。しかし、昼食を食べたらお腹いっぱいで、とてもブドウの入る余地はなかった。かくして、ブドウは現在別宅の冷蔵庫の中で、イチジクと一緒に眠っている。夕方近くのスーパーで売っているブドウを見たら、一房の値段がぶどう園のものより300円も高かった。やったー!
 冷蔵庫の中に眠っているのは、ブドウとイチジクだけではない。猫の額で作っていたミニトマトとオクラも入っている。歳をとった私達二人では、とても食べきれないのだ。そんなに多くではないが、先日はお隣の奥さんにも、渡して食べていただいた。大きなトマトは赤くなるとカラスが狙っていてつつくというので、ミニトマトにした。トマトは小さな苗だったのだが、実を大きくするために枝を切ったら良いというので切った。切った物を空いている土にさしておいたら、これが根をつけて、親の木のトマトが終わっても、どんどん実をつけるのだ。何にも世話をしていないのに、その生命力には驚く。
 オクラは、以前何かでとっておいた古い種をパラパラと蒔いたら、ツクツクと芽を出した。これこそ密になっているのだが、密だと1本ずつがあまり大きくならないというので,そのままにしている。毎日良く育っているが、毎日オクラばかりというわけにも行かない。幸い、これは冷凍できるようなので,小分けにして冷凍したがまだどんどん採れる。コロナのせいで、人の集まるところへも行かないので誰かにあげるにも限度がある。と言うわけで、私達の食べきれない食材をコジロ一家に任せて、私はすっきりして帰宅した(^^;)。今日はコジロは体調が悪いので休んでいるそうだ。コロナのこともあるので心配だったが、電話の声を聞いてちょっと安心した。休みの日にはゆっくり休むと良い、と言うわけで冷蔵庫の中に置いてきたのだ。明日にでも、コジロが仕事の帰りに立ち寄って持って帰ってくれるだろう。
 別宅の冷蔵庫は、リサイクルショップで買った小さなものだが、かなり役に立っている。コジロは時々仕事帰りにポストを覗いて、たくさんのチラシなどを部屋に入れておいてくれる。普段私達がいないときは、コジロが使えば良いのだが、あまり使ってくれていそうでもない。別宅を買うときに業者の人から、「名義を息子さんにしたら,ローンも組めますよ」と言われたが、今ではそうすれば良かったかなあと思っている。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント