はんぺん

 儀姉は時々弟のためにと料理を持ってきます。
「ほんの一口やで」と言うのですが、何の何の鍋いっぱい。何日もあります(^^;)
夫は食べられないと言っても、新しい物に出会いたいのだと思います。
おでんは柔らかく炊いたから食べられるだろうと思っても、食べられることだけが楽しみではないのです。
今日は私はちくわを食べて、夫には生はんぺんを2枚にハイでマヨネーズをつけてトースターで焼きました。
これも気に入ったようです。
常備菜としては「カボチャの煮物」これは、私はカボチャと酒だけで煮ます。
今まではあまりカボチャは食べなかったのですが、一切れほど手を付けています。
それから「ほうれん草のおひたし」。これも常に用意しています。
病院では「ぐだぐだ煮」とメニューに書かれていましたが、ちょっと名前が(^^;)
卵をあわせたら、元気な一品になりました。
口に入れられるだけじゃないんですよね。
今度何を食べられるんだろうというわくわく感も必要な気がします。
最も、作る側の私は食べられたらいつまでも食べ続けるんですけど。
やっと食べられるようになった思いを大切にしたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント