カボチャの収穫

今日は畑のカボチャを収穫した。
何の世話もせずにすっかり忘れていたのだが、近所の奥さんが気にしていて、夫の帰りを待って収穫を勧めてくれたらしい。
農薬はもちろん、肥料も何もやっていないので夫は自信がなかっようだが、夕食に薄味で炊いたら、とてもおいしかった。収穫を勧めてくれた奥さんにも1個お裾分けをしたが、味には自信がなかった。奥さんは、「息子はカボチャが大好きなの」と言われて持って帰った。
今までたいしてカボチャを好きではなかった夫だが、今日はとても喜んで「おいしい、おいしい。今までこんなにカボチャがおいしいとは思わなかった」と二人で完食した。「コタローやコジローにも分けたいな」と夫は言ったが、遠いのでままならない(^^;)
今年の夏は暑かった。
私は何もしなかったけれど、夫はかなり真面目に水やりをしていたみたいだ。
たった1本のカボチャを儀姉が持ってきてうちの畑に植えた。
それが今では一面のカボチャ畑になってしまった。今日は20個ほど収穫したようだ。
手がかからずに良く育ったものだ。
天ぷらにしても、シチューにしてもいい。
夫も喜んでくれているので、またいろいろと作ってみよう。
ちょっと楽しみが増えたかなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック