ネギ

先日道の駅で買ったネギ。6本で1束だったが一晩で食べてしまった。珍しく根っこが少し着いていたので畑に植えておいた。夫は毎朝喜んでみている。

社宅で舅の定年まで生活していた姑は、植物を育てることにはほとんど関心がなかった。夫も同様であまり植物には関心を示さなかった。一方、田舎で育った専業農家の娘は、「土いじり」が好きだった。残念ながら家の周りは全部コンクリートでネギ1本も植える余裕はなかった。家の建築費は私達が払ったが、新婚早々の嫁に発言権はなかった。すべて儀姉が仕切った。私はベランダなどにプランターを置いて、ネギやイチゴを育てていた。半分移住を計画している今では、それで良かったのかなあと思っていたところだ。
今回儀姉の土地を買った。真ん中の舅夫婦の建てた家はそのままで、儀姉の建てた家は更地にしてもらって畑にした。

ファイナンシャルプランナーの小次郎は「そんな年金暮らしで、何で買うの」と言った。確かに、不必要な買い物ではあるのだが、これにはいろいろな土地事情があるのだ。元はと言えば一戸分の土地に親子で家を建てていたのだ。姑は「私は老後は○子に見てもらうつもりだから」と口癖のように言っていたが、現実は全部嫁の私の仕事だった。
儀姉が土地を売りたいと言ったとき、夫が「姉の土地は自分が買う」と言ったので、私もそれ以上言わなかった。
もともと1戸分の土地なので1戸分にして息子達に渡せば良いかなあと思ったのだ。将来、売るにしてもその方が良いだろうと思ったのだ。
小太郎も小次郎も他県で生活をしていて戻ってくる気配はない。
ただ、海水浴やスキーには我が家を使えるだろう。
まあ、なるようになるか。

今までいろいろなことがあったけれど、今は横着なお姫様の私。
あんなに畑に無関心だった夫が、家の横の小さな畑を毎日覗いている。
「ネギが伸びている。おもしろいな。」と植物の生長を喜んでいる夫に思わず笑顔の出る私だ。

畑の記事を書き出すと、デジカメが必要だなあ。
デジカメをこなさなくては。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック