我が家の主夫

夫は完全に退職してから、家事の中から洗濯をしてくれるようになった。シーツなどの大物は、私が天候などを見計らってするのだが、日々の着替えなどは全部してくれる。
最初は「洗濯王子とよんで」とすかしていたのだが、私は随分助かっている。
さらに、早寝早起きの夫に比べて、私は遅寝朝寝坊ときている。
夫は起きたらすぐに朝食を食べるのだが、私は寝坊の上に起きてすぐに食べる気にならない。
姑が亡くなってからはかなり家事も手を抜くようになった。
気がついたときには「味噌汁」や「漬け物」などを夜のうちに準備していたのだが、最近はそれも手を抜いていることが多い。
簡単な卵料理ぐらいは夫も自分で作ることができるのだが、たいていは冷蔵庫の中の物で済ませている様子だ。
ちょっと気が引ける。もう少し努力しよう。
もう残りの人生、二人きりなのだから、食べ物ぐらいはもう少し配慮しようと思うこの頃ではある。
といいつつ、今日も寝坊した私である。
というか、最近の夫はとても早起きなのである。
料理だけでも頑張らねば・・・
と思いつつちょっと怠けていると、食器の後始末もしてくれている。
私はいつも家事の手抜きばかり考えているので、食器はいつも洗いっぱなしなのだが、夫が洗ってくれたときには、きちんと拭いて食器棚の中に入れてくれている。
そういえば、友人が言っていた。
ご主人が退職して、時々料理をしてくれるようになったらこれがおいしいのだと。
そんな物なのかも知れないと最近思うようになった。

番外編
今朝のニュースです。
置き去りにされていた7歳の男の子が無事に保護されたと言うことにほっとしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年06月07日 20:48
なんとたくましい子だろうかと思いました。
6日間も食べ物もなく電気もないところで一人で過ごしたことを思うと本当に胸が痛みます。
どんなに不安だったことでしょう。
「しつけ」をしようとした親を責めるわけにはいかないけれど、子供の生命力に感動しました。
すごく心の強い子供です。
6日間水だけで生き延びたその子の心の経緯を考えると胸が痛みます。
無事に保護されたと知ったときには思わず歓声を上げました。
彼には次世代を担う責任があるのかも知れません。
2016年06月11日 20:51
はなさん選択王子いいですね
我が家にも一人ほしいですね
置き去りにされた子供さんが無事で
本当によかったです
2016年06月13日 13:03
風華さん
夫は私が先に逝っても、生きることができると思います。
洗濯王子には本当に助かります。
年をとっても何かに責任を持つというのは大切なのでしょうね。
と言いつつ、彼は主任児童委員や地区の仕事、保育園の保育キーパーなど結構忙しいのですが、男性はそれでもいいでしょう(^^;)

置き去りにされた子供さん、無事だったことは最近の話題の中では唯一の嬉しい話題です。

この記事へのトラックバック