紙芝居

近くの保育園で月に1回紙芝居を演じている。
今日はその紙芝居の日だった。

友人は紙芝居では県で代表的な人で、地元の放送局が彼女を主人公にしたドキュメント番組を制作し、全国で金賞を受賞したことがあるとか言う、その世界では著名人なのである。私は彼女と隣県でのイベントで時々紙芝居をした。
退職してのんびりと生活している私だが、彼女の手帳は予定がびっしりなのだ。時々彼女と一緒に隣県に出かけて紙芝居をすることがある。ある日彼女に言われた。
「あんた、後は場数を踏むだけだわ。子供が目の前にいると緊張する人もいるけど、あんたはその方が生き生きしているな」
「後は場数を踏むだけだから、近くの保育園にでも行って紙芝居をしたら?」
と言われて、近所の保育園で毎月紙芝居をするようになった。主任児童委員である夫も「私もやる」と言って毎月一緒にやってくれる。私は気楽に始めたのだが、夫は知り合いの大工さんに頼んで、立派な舞台まで作ってもらった。そして、最近ではす夫が2本で私が1本と、ちょっと手抜きかなあ。
2歳からの子供達が見てくれているが、「虎ちゃん はなちゃんの紙芝居」を楽しみにしてくれている。

最近はあちこち手を広げずに良かったと思う。月1回でも準備などやはり緊張する。老後の生活にも一つのメリハリにもなっている。
園長先生は、「他の保育園ではしていないのですか?」「して欲しいところもあるでしょうに」と言われたが、今のところ、これ以上手を広げる気はない。

でも子供達と接するのは楽しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック