なんで?

 なんでみんなあんなに立派な主婦であったりお母さんであったりするのだろう。私だけがこんなにだめ子ちゃんなのだろうかと時々落ち込む。
 夫に言われた。「あんたは料理は好きだけど、掃除は嫌いかな。」裁縫も好きですよ、でも掃除は好きじゃない。作ることが好きで跡かたづけが好きじゃないって、子供みたい。夫のデジカメのカバーだって、買い換えるたびに作ったのに、当然のことだと思っているんだものね。今度は自分で作ったらどうなのよ。私だって、料理を習ったり裁縫を習ったりしたわけじゃなくて、夫と同じ教育を受けてきただけなのだから。考えてみれば、人には得手不得手があるでしょう。女だ、から・・・なんて理不尽を感じたことは多かった。
 若い頃、夫と同じ仕事をして同じ給料をもらっていながら、私は女で、妻であり嫁であった。当時、子供のおむつの洗濯は毎日欠かせなかった。仕事を持っている私だったが、一度だって姑や夫がおむつを洗ってくれることはなかった。風邪で熱のある日、私が外でおむつを洗っているとき、麻雀をしていた家族の嬌声にはすごく傷ついたのは未だに心に残っている。「言ってくれるな」と言うので夫にはもう言わない。

 紙芝居など、こちらに用事のないときには別宅に行っていようかと思う私だが、夫が、ちまちまと区の仕事や学校の仕事などを引き受けているのでそれもかなわない。いっそ一人で別宅に行こうかと思うときもあるのだが。
 先日、美容院に行った。同じ世代の美容師さんで、話が弾む。彼女は美容室を、ご主人は隣に理容室を開いておられる。するとある日、おどろく噂を耳にしたそうな。「あの夫婦は一緒に生活をしているけど、実は離婚しているのだ」という。私が別宅に行って別居していたら、それこそ怪しい噂のネタになると思った。誰がなんと言おうといいんだけれどね。

 離婚して一人暮らしの友人を見るとある意味うらやましいと思う。誰にも気を遣わず、好きなときに好きなものを食べて。老後はそれに限る。
 でも、時には二人でいる楽しさもあるのだから、ううむ、これはだめ子ちゃんだけが持つ命題かな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年02月13日 00:09
嗚呼!
最後の下り
まさに同感!
特に、今、夫は単身赴任中ですから
はっきり言えば、帰ってくると「面倒」です。
反面、いればいたでかわいいところもあるわけです。

出産から数年、を思い出すと
今でも感情の激化を抑えられません。
それを理由に、子育てが終わったら自由になりたい、と思います。
義父母を見ると、あんなのはまっぴらごめん!
男だけがいい思いをするなんて!

ってほざく前に
資金資金・・・
世は金か・・・

で、結局
女なんて損損損!
と一生飯炊き女をするのでしょうね

今更ながら・・・
私は家事一切大嫌いです。
やる人がいないからやる
汚いのが嫌だから掃除する
散らかっているのがいやだから
そこにいない家族に文句を言いながら片づける
裁縫はやらない(ボタン付けと裾上げだけです)
料理は本当は嫌い
好き、と誤解されていますが
自分ひとりなら作りませんね
義務で作っているのだと思います

はなさま!
場をお借りして雄たけびをあげてしまいました。
ご無礼、お許しくださいませ・・

2016年02月15日 03:36
ベラさん
全く、おっしゃるとおりです。
掃除はやらなくても死なないけど、食べるものがなかったら死ぬと昔夫が言ったので、まあ命だけは・・・と言うわけです。
姑と同居していましたけれど、姑も夫のいない時には家事を完全に手抜きしていました。姑と私と二人きりの時には、「ある物で・・・たべようね」と言う感じでした。
女性だからって料理が好きな理由なんて全くないしね。

この記事へのトラックバック