柿とカラス

昨年の秋、祭りで小虎ちゃんが小太鼓をたたいたので、見に行きました。
その辺りは果物の産地で、柿や栗などテントで販売していました。立派なつやつやとした富有柿を一盛り買ってきました。田舎育ちの私には柿を買うことなど初体験でしたが、その夜のうちに次々と全部食べてしまいました。
味を占めた私は、今度はつるし柿を食べたくなりましたが、これがなかなか高いのです。
手がかかっている分だけは仕方がないでしょう。
子供の頃、祖母の手伝いをしてつるし柿を軒一面にぶら下げました。それで、私はつるし柿を自分で作ることにしました。立派な渋柿を10個買ってきて、2階のベランダにつるしました。
そろそろできたかなと見に行ったところ、柿は2個だけしかありませんでした。なんとあまくなった頃
にカラスにやられたようです(>_<)
夫と1個ずつ食べましたけれど、とてもおいしかったので、また作ることにしました。
今度は気をつけていたつもりでしたが、味をしめたカラスにまたやられて残りは3個でした。
カラスもさぞかしおいしかったことでしょう。

子供の頃、秋には柿や栗などを冬のおやつに準備しました。
でも今は、あちこちにあるコンビニでいろいろなおやつをいつでも 
手に入れることができますから、そんな必要もないのでしょう。
姑は秋に作った「勝ち栗」を次の年の夏、海水浴のおやつに持って行ったと言っていました。
泳いでいるうちに勝ち栗が程よく海水で柔らかくなっておいしかったと言っていました。

今は1月、別宅との移動途中にあちこちにたわわになっている柿の木を見て、収穫しないのかと気になる私です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年01月18日 23:25
しみじみと・・
亡き両親から聞かされていた「昔のおやつ」
自然がもたらす滋味

カラスもさぞかし・・
喜んだことでしょうね。
でも・・・
はなさん、ご無念!!

亡き父が拙宅に植えたグミ
2年連続で
「ある朝、突然きれいに消える」のですよ。
前日の夕方まではたくさん実っています。
で、翌朝
一粒残らずなくなっています。
しかも、落ちている実もありません。
残骸もありません。
これ、我が家の謎です。
カラスはたくさんいますが
ここまできれいになくなるのは????
2016年01月23日 20:10
ベラさん
私も実際にカラスの犯罪を目撃したわけではありませんが。
友人が畑にトマトを植えたとき、赤くなると全部カラスにやられたとも言っていました。友人はそれからはミニトマトしか作らなくなったそうです。
カラスは賢いですから一度やったら学習しますからね。
動物も生きていくのに一生懸命何でしょうけれど、せっかく楽しみにしていたのに(>_<)

この記事へのトラックバック