儀姉の差し入れ

 夕べは夫にめでたいことがあったので夕食はちと張り切ってしゃぶしゃぶにした。私も体調が回復してきたので楽しんだ。するとチャイムが鳴って儀姉がやって来て「おでんを作ったから」と持ってきた。
「ありがとうございます。」と言いつつ、心の中で「なぜ?」と言う疑問がわき上がっていた。
 儀姉がおでんを持ってきたのはこれで2回目だ。もう一回はカレーを持ってきた。
 カレーもおでんも私だって作れる物だけれど、。これは何だろうと思ったら今日の午前中は、疑問に悩まされた。なんでこんな差し入れがあるのかわからない。もちろん儀姉に悪意はないのだけれど。私が体調でも悪くて料理できないときには、夫は何らかの手を打って食事をする。それが夫婦という物ではないかとおもっているけれど、そうではなかったのかなあ。わが『ファミリー』のいつもの場面である。
 実家のお嫁さんは私の立場を心配していた。

 そっか、息子達か゜成長した今、これが「たそがれ離婚」というものか。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック