私の手抜き料理

最近、私の体が不自由なので、夫は毎日買い物に行ってくれる。最初は総菜を買ってきていたのだが、それにもだんだん飽きてきたようだ。 
 昨夜、夫は夕食後台所に立って「味噌汁」を作り始めた。「だし」の取り方はすでに教えてある。せっかく作ったのだからこれは飲まないわけにはいかないだろうと、今朝は味噌汁を飲んだ。「実」は油揚げとネギとタマネギと人参だった。ううむ、私はこんなにたくさん実を入れることはあまりない。男の料理だなあと思いながらいただいた。私はいつも味噌汁は台所に残っている野菜を消化していることが多い。

 明日出かける予定の私は、よちよちと少しは歩けるようになったので、今夜は簡単な野菜ものを作ろうと思った。夫はどうしても天ぷらやカツが多くなるようだ。と言っても、プランターにインゲンができているので、今日の午後はこのインゲンを収穫して簡単なものを作ろうと思っている。ごま和えが一般的なのだが「マヨラー」の夫には、マヨネーズと醤油と鰹節で和えてあげよう。ほんの簡単なものだけど(笑)たまにはこんなものも良いかも。
 私の手抜き料理はまだある。先日、新タマネギをレンジでチンしてポン酢をかけたら、これもあっさりしておいしいと喜んでいた。つまりたいしたことはしていないのだけれど、旬の素材をおいしく味わうのは好きだ。
 漬け物も最近は全く漬けていない。和食党の夫は今朝は、昨日買ってきた真っ黄色のタクアンを切っていた。「柔らかいから」と言っていた。「べったら漬け」や「刻み漬け」も好きなのだが、朝食に漬け物がないと寂しいのだろう。でも私はあまり添加物が好きではない。現代では添加物は避けては通れない問題だけど、刻み漬けもほとんど塩中心で昆布を混ぜるくらいだ。
 そんな私にはプランターで育てた無農薬野菜は有り難い。ネギだって、切ってバラバラにして天ぷらにすると、これもとろりとおいしいのだ。 家の前の小さな花壇で育てているタラの芽は、天ぷらもおいしいが、味噌汁の実にすることもある。今年はこの猫の額にミョウガがたくさん出てきたので、楽しみにしている。
 小さな山椒が出てきた。大切に育てたい。出汁昆布の使い残りや野菜の端っこなどと佃煮にするとおいしい。

 とまあ、こんなケチケチ料理談義は、本日はこの辺で・・・m(_ _)m
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック