セカンドオピニオン?

だっけ?
医師から「肺がん」を告げられました。
「まだ小さいし、進行も早くないようだから様子を見ましょう。半年後に来てください」と言われました。
半年間放置ってなんじゃ?
あれから3ヶ月、じっと我慢をしていたのですが、なんだか落ち着かなくて、今回某大手病院に行きました。
きちんと検査をしてもらいたかったのです。
そして
結果は異常なしでした。
余計なエネルギーを使いましたが、終わりよければすべてよし。
なんだかすっと気が楽になりました。

セカンドオピニオンと言うけれど、紹介状を書いてもらうには気が引けて、「初診」で行きました。
でも必要ですね。つくづく感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年03月16日 10:40
良かったですね~~
肺がん!!とあったので、なんとコメントしたら良いかしらと思いながら、読ませていただいていました。
半年後だなんて、早期どころか手遅れになっちゃう、と。
三ヶ月も、どんな思いだったか・・・
2015年03月17日 01:36
がんって、毎日できては消えているらしいですよ。ナチュラルキラー細胞が弱らないように、免疫力を保つようにするのが良いようですね。「癌」と言われたストレスで悪化するんですって。
2015年03月17日 03:28
美衣弥さん
ですよねぇ、半年後なんて、本当に癌になっちゃいそうです。
3ヶ月間夫もとても心配していました。
前泊で、大手病院に出かけました。
癌の呪縛から逃れてホッとしました。
2015年03月17日 03:33
mayflowerさん
3人の医師から「癌です」と告げられると本当に癌になるという話を聞いたことがあります。
癌が消えたのか、誤診だったのか、それは分かりませんがいずれにしてもホッとしました。

この記事へのトラックバック