柿の思い出

子供の頃、実家には西側に柿の木が8本ほどありました。家の周りの柿は甘柿でした。
確か「ミズシマ」と「三郎柿」と言う名前だったと思います。

家から離れたところには、渋柿の木もたくさんありました。

別宅の辺りは柿の産地なので、帰り道「道の駅」で柿を買ってしまいました。
ヘタの周りがふくれている変わった形なので、興味もわいたのです。
画像


子供の頃、渋柿は冬のおやつでした。
冬が近づくと、柿の木には「木守の実」1個だけ残してすべての柿がもぎ取られます。
皮をむいてつるし柿にするのですが、柔らかそうなものは蔵の床に並べられて、赤くなったらおやつとなりました。
一晩で渋が抜ける「さわし柿」や数日後においしい「焼酎漬け」のものもありました。
中でも私が覚えているのは、「塩柿」でした。
外の寒いところに置いた桶の中に柿と塩水を入れておくのです。
これは数ヶ月後、1月下旬頃から食べられましたけれど、堅くてさっぱりした柿でした。
今、いろいろな人に聞いても「塩柿」というのは誰も知らないといいます。
亡母は「海の水と同じような塩味にするの」と言いました。
手を入れると体温で水が温かくなるので、決してそれはしませんでした。
専用のしゃもじで取りました。
最近は実がついたまま冬を迎える柿の木も多く見かけます。
コンビニやスーパーでいくらでもおやつが手に入る時代、柿なんてそう食べようと思わないのでしょうね。

もちろん今は実家に柿の木はありません。落ち葉や虫など世話も大変なのも事実のようです。

今回はめずらしく「道の駅」に立ち寄りましたが、さすが「実りの秋」でした。
その「道の駅」で赤い大根を見つけました。
もちろん、興味津々丸の私は買ってしまいました。
でも、切ってみると中は白かったです。
画像

昨日は、間引きした大根葉と一緒に漬け物にして、朝は味噌汁の実にしました。
とても柔らかかったのに驚きました。皮も全く気になりませんでした。
赤い色を残して「漬け物」にするとGOODかも。
ちょうど友人の畑の間引き大根菜もあることだし。
大根おろしにすると、どんな色合いになるのかも興味があります。
明日の朝は大根おろしとしましょう。

もう一つ、とても大きいゴボウを見つけました。
画像

今日は半分だけを牛肉といっしょにきんぴら風にしました。
大きすぎてささがきができなくてちまちまと刻みました(^_^;)
ゴボウは普通のでも良いと思いました(^_^;)
炊くときはいいのですけれど・・・。
きんぴら、おいしかったのですけれどそれでも量が多くて完食できませんでした。
夫は「明日の朝食べるよ」と言いました。
残り半分は揚げようかなあと思っています。
から揚げ、かき揚げ? 何が良いでしょうか?
その前に少しだけ「ゴボウサラダ」に使ってから・・・。
少し涼しくなったから、「豚汁」なんかもいいかも^^ サツマイモもあることだし・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年10月22日 22:34
柿の季節ですね~。
私も柿が大好きです。今は賃貸くらしなので、柿はスーパーで買っています。
以前は柿の木があり、はじめは渋かったので焼酎で渋抜きをしていました。年月がたつうちに、渋抜きをしなくても甘い柿がなるようになりました。高枝切りハサミを買って身を取り、小さくて種が多い柿なんだけど、知人にもらってもらいました。摘果をすれば大きい実になったのでしょうがね。柿の実を取らないと、落ちてそこから芽が出て抜くのが大変でした(笑)
2014年10月23日 16:31
mayflowerさん
昔は、柿や栗、冬のおやつの準備にもなりました。
今は、もっともっとおいしいおやつが、いつでもたっぷり手に入るのですから、柿が木になったままカラスの餌になったりもしていますね。
柿を買うなんて思わなかったのですけれど、
やはりとてもおいしかったです^^
2014年11月02日 14:03
こんにちわ^^
柿の皮剝きをして縄に暖簾みたいに吊るして
昔は沢山作ったのもでしたね。
我が家にも渋柿があるのですが今年は実をつける
こともなく葉っぱが沢山庭に落ちてきます~
2014年11月03日 05:20
風華さん
渋柿はちょっと手をかけると、とてもおいしいですね。
昔は、冬の貴重なおやつでした。
コンクリートだけの我が家には花も木もないのが寂しいというか楽というか・・・。

この記事へのトラックバック