今日は休養日

 ポストに入っていた一通の封筒。小虎地やんの保育園からの物だった。子虎ちゃんとお友達の写真に、子虎ちゃんの書いた絵、敬老の日の挨拶と運動会の案内が入っていた。残念ながら運動会は父の3回忌の為に行けない。
 週末は子虎ちゃんと1日過ごした。ショッピングセンターで乳母車を覗いて子虎ちゃんは立ち止まった。「赤ちゃん・・・・」 その子のママがにこりと微笑んだら、子虎ちゃんは言った。「ぼくんところにも、あかちゃんが二人いるんだよ」 子虎ちゃん自身がまだ小さいので二人と聞いて、びっくりした様子のママ。「かわいいんだよ」と言う子虎ちゃんの後から「双子ちゃんなんです」と私が付け足した。ママは、にっこりと挨拶をして別れた。

 今日は、お昼の電車で出掛けた。夫が姑の病院に行くついでに駅で降ろしてもらった。姉の所の駅まで行くと、姉が駅に迎えに来てくれて、一緒に母の施設に行く。駅からは片道30分ぐらいかなあ。でも、私には姉や母と会えるのは、大切な時間でもある。寝たきりの母だが、二人で行くと喜んで、冗談も良く言う。
 午後は敬老会のイベントがあるというので、母が部屋を出てから、姉と二人でコーヒー休憩をした。

 いつものことだが、姉には言うことが山のようにたまっている。私は今は女主人となった私に比べて、最初から女主人として完璧を目指していた姉は、今、姑・長男夫婦・孫と同居しており、近くに次男夫婦や嫁いだ娘もおり、実に忙しい生活をしている。それをこなそうとしているから大変なのだが、また頑張るからすべてが姉の背中にかかる。話を聞いてあげることが私の出来ることだと思っている。姑の事から孫の事までいろいろと話して、駅まで送ってもらって別れた。
 結論の一つとして、「子供が勉強出来るとか、何が出来るとかそんなこと関係ないね。たいした病気や怪我もせず、元気ですくすくと育ったことが何にも増した喜びだね」と姉は言った。姉の子供も私の子供も、親が忙しかったせいもあるだろうが、そう問題もなく育ってみんな家庭を持っている。まずはそのことを感謝しようと言うのが結論だった。

 子虎ちゃんは、何も文句を言わずに1日中私達と機嫌良くいる。でも、本当は彼なりにいろいろと気を遣ってもいるのだ。普通は祖父母は甘い。でも、虎は本当に駄目だと思うことはきちっと言う。まだ小さいとき、初めて虎ちゃんに叱られた子虎ちゃんは「パパが良い~ パパが良い~」と泣き叫んだ物だった。
 先日昼食の食堂で子虎ちゃんが調子に乗ってふざけていたとき、虎ちゃんが「ここではそんなことをしたら駄目」と言うことを言った。子虎ちゃんは、叱られたのが分かったのだろう。しばらく黙って虎ちゃんの膝を両手でパンパンと叩いていた。そのうち、私が声をかけた「ちゃんと我慢して偉かったね」。しばらくすると子虎ちゃんはもう笑っていた。

 姉は、一人の子供を育てる為に、もっともっと家族一人一人がゆったりと話し合う必要があると語っていた。お互いが、それぞれの「思い」で子供に接するより、子供のことを大人同士でもゆっくり語り合いたいと言った。そう言えば、私が若い頃、保育園から帰宅してからの数時間だが姑に世話になったとき、私は毎晩、子供が眠ってから今日の子供の様子を聞き、姑と話をしたことを思いだした。
 虎太郎のお嫁さんが、「義姉さんの息子さんと虎太郎さん達と、どちらもお婆ちゃん(姑)が育てたはずなのに、どうしてこんなに違うのでしょう?」と言った。それを聞いて虎ちゃんは言った。「子供を育てるのは親だよ」。姉はいろいろと考えているようだが、時々その話を聞きながら客観的に第三者が交通整理をしてあげることも必要だなと思った1日だった。
 4時40分に帰宅し、姉からもらってきた枝豆、ピーマン、ナスなどで夕食を準備した私だった。もっとも、出掛ける前にいただいた大根を炊いたおでんも、ずいぶん味が染みてきていた。

 虎ちゃんは虎ちゃんで、義姉と一緒に病院の帰りに回転寿司に行って話してきたらしい。姑の現状や今後についての私達の見解や方針も語ったらしい。要介護2の段階でも、すでに自宅に一泊させることの出来なかった義姉にとって、要介護5を自宅では介護出来ないと言った虎ちゃんの言葉には納得をしたようだった。 介護施設の選択にも、納得してくれたらしい。最も、まだ申し込んではいないのだが。 今の病院の療養施設では、入所先が決まるまで預かってくれると言うのでゆっくりと検討している。でも、そろそろ急がなくては。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年09月14日 23:33
お孫さんとの生活がいきいきと目に浮かんで
ほんとうにうらやましく思います。
はなさんのお姉さまに対するやさしさも
胸にしみました。
姉妹がいるっていいですねえ。
大変なこともあるでしょうがこころ強いですね。
ご自分のお母様のこともお姑さんのことも
だんだん大変になってますますはなさん
忙しくなってきまししたね。
旦那さまといっしょに乗り切ってくださいね。
2013年09月15日 22:18
kyabetuさん
孫と過ごすひとときは本当に楽しいです。
姑の病院は山の上にあります。
ぐるぐると山道をカーブしながら運転するのは私は苦手です。
そんなことをつぶやきながら運転している私に、子虎ちゃんは言いました。
「ぼくはね、こんなぐるぐる道すきなの。大きくなって車を運転出来るようになったら、はなちゃんに教えてあげるね」
その頃まで生きていられるかどうか分かりませんが、嬉しいですね。
2013年09月16日 13:41
子育てについての、はなさんとお姉さまのご意見、ほんとうにその通りだと思います。
大家族でお忙しいお姉さま、頼りにされていらっしゃるんですね。
人は誰かに必要とされることが生きがいになると思います。「居場所」というものが、とても大切なんだなと最近特に思います。
今、一時的にひとりになっちゃって、気楽ではあるけどやっぱり寂しいものがありますね~。
だから職場で、生徒とのやり取りとか何らかの手ごたえがあると嬉しいんですよね。
私の母は、もう意識がなくなってしまったようです。
来週行く予定ですが。
はなさんもお姑さまとお母さま、両方のお世話お見舞い大変だと思います。ご自身の生活もあることですしね。
ご主人様もよくされていますね。
季節の変わり目(気候も大変)、ご無理なさいませんように
2013年09月19日 13:34
mayflowerさん
お母様、寂しいですね。

一時的な一人はときには楽でいいですけれど、やはり人は人とつながっているのが元気の素になるのかも知れません。
素敵な生業が自分自身を成長させてくれますね。

私は最近、歳のせいか、健康に気をつけるようになって来ました。
生活の中でもちょっと体を動かすことを心がけるようになりました。
お互いに、無理をせずに頑張っていきましょう。

この記事へのトラックバック