大根活躍

 昨秋は大根が高くて、おでんを作るのもなかなかだった。わずかな青いところを残して大根おろしをつかの間楽しむ程度だった。ところがところが、最近、我が家では大根が幅をきかせている。 思わぬ人たちが、小さな半端なような大根を持って来てくれるのである。 私なら何でも喜ぶからだろうか。・・・などと言わずに、自然の恵みが回り回ってこちらに来たことに感謝していただきたいものだ。
 以前は初冬に収穫した大根を、肥料などを入れる厚めのビニル袋に縦に入れて口をぎゅっと縛り、戸外の物置に置いておくと、4月になっても大根おろしを楽しめたくらいだったが、最近は保存するほどもなく食べてしまうので、せいぜい家の中の涼しい部屋で保存する程度だ。 しかし、入学式を待たずして桜が散ってしまう昨今の気象は当てにならない。傷まないうちに早くいただくに限る。
 我が家のガラガラの野菜室には、いくらかの大根が入るのだが、それでも入りきれない部分は出来るだけ早くいただくようにしている。もちろん、いつでも使えるように野菜室には余裕を持って。

 一時、もったいなかった大根おろし、最近はふんだんに食べている。昨日もたっぷりの大根おろしで天ぷらを楽しんだ。タラの芽がどんどん芽吹くので、たまにはてんぷらをと。我が家だけでは多いので、近所の介護友さんに半分分けてあげた。 一応、形だけ一人二尾のエビをおまけにつけて。ゴボウや人参の掻き揚げも、タマネギの天ぷらも良いのだけれど、今回は、整理をかねて芽の出たジャガイモの始末にとジャガイモと人参の1センチ角切りに大豆(水煮)を混ぜて、掻き揚げ風にした。 たっぷりの大根おろしでいただいて、美味しかった。姑はおろしを半分以上残していて虎ちゃんからチェックが入っていた。そんなとき「目が悪くて見えないから」と姑は言う。

 先日は千切り大根作りを目指した。うまく出来ると良いのだが、今日はあいにくの天気で干せなかった。

 大根餅も美味しかったのだが、今回はおでんをたくさん作ることにした。昆布もたっぷり使って鍋二つで、いろいろと考えている。と言いつつ、私は鍋の数はほとんどないのだ。いつも数少ない鍋でこなしている。 一つだけ大きな鍋をうまく使って、今回はおでんシリーズと行きたいものだ。味のしみこんだ大根などを、いろいろな食べ方で味わうことに挑戦したい。
 出汁をたくさんとって、大きな鍋に入りきらないので、別に取り分けて・・・、つまり2つの鍋を駆使して。
 一日目の今日はおでんのオンパレード、すべての中から好きな物をつまんで食べてもらう。ただし、卵だけは一人1個分。姑には卵は駄目なのだが、何分もとより卵好きと来ている。この歳になって体に悪いからと制限するのは可哀想なので、卵は一人一個分のみだした。さすが、いつも「見えないから」と野菜を食べ残す姑は、里芋や大根の間の卵に一番に箸を付けた。(刺し箸であったけれど)

 私はまだ出汁が残っているくらいおでんの計画をしている。つまり、煮物の個皿一皿を、ここからと思っているのだ。今後は、いわゆる野菜の煮物の個皿とするためにこのおでんを活用したいと思っている。 ゴボウと人参と椎茸とか、コンニャクと大根の辛子あえとか、時にはトマトをいれたり、菊菜などをしゃぶしゃぶ風に添えるとか。
別鍋に取り分けて鶏肉を入れれば筑前煮にもアレンジ出来るかな?味付き大根は味噌やマヨなど、これまたいろいろと変化を味わえるのでは、なんて考えてるのだが、限りない大根への思い、皆さんからも寄せていただけたらと思う。

 そうそう、刻んでお好み焼きの具なんてのもいいかなあ。「風呂ふき大根」風のアレンジもいいかなあと。もちろん、卵や揚げ物なども、ちょいと付けたり主役になったり・・・。

 せっかくの自然の恵み傷む前に使い切りたい。漬け物ももちろん美味しいのだが、この時期の漬け物は気温が急上昇するとなかなか管理が難しい。かといって、塩分過多になるのも困るので、これも検討中。ま、そこまでせずとも、なくなりそうだけど(^_^;)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年03月28日 09:58
畑ものって、できる時期が同じだから重なってしまうこと良くありますよね。大根も茹でて冷凍したこともありました。「ためしてガッテン!」では、生の大根を輪切りにして、みりんや醤油につけて冷凍する方法を紹介してたことがあります。やってみましたけど、大丈夫ではありました。冷凍庫にスペースがあれば、の話ですね。
私の場合、冷凍して忘れてしまうのが問題でした(笑)
妹宅で、先日おでん(関西では関東だきという)をつくり、子どもたちが喜んで食べてくれました。残った汁はお好み焼きにすると言ったら、姪が作ってくれました。(作ってあげたかったんだけど、その日は都合がつかなくてちょっと残念だった)
健康で自分が作ったものを食べられるのは、幸せなことですね。
2013年03月28日 14:11
わくわくしますね^^
はなさんおでん活用術

最近ピクルスにはまっている私です。
大根のピクルスも作ってみたいなあ。

この記事へのトラックバック