またまた短い大根

背戸を畑にし始めたメチャクチャ農園の友人宅に行ったらのまたまた短い大根。
期待もしないのに種を蒔いたら育ったという。
まあ、畝を作った功績もあるからと頂いてきた。

今回は大根葉を塩ゆでにして、菜めしに。

そのたびに思い出す母の大根葉による「あいもんめし」来週、母の所に行ったら尋ねようっと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

翁草
2013年03月17日 09:51
相物飯??、、、お母様の愛情がいっぱい詰まった大根飯

 ・・・・・お い  し  そ  う 
2013年03月17日 14:51
翁草さん
「あいもんめし」って多分、母の中では「藍紋飯」ではなかったかと思うのですが、自信ありません。
 大根葉たっぷりの味噌味チャーハンだったようなのですが、再現出来ないのです(T_T)
2013年03月18日 07:47
想像がつきませんが・・
大根葉たっぷり、というところで
もうわくわくしますね。
2013年03月18日 10:20
子どもの頃、大根の季節によくでた母の「あいもんめし」がとても楽しみだったのです。
真似をしてみるのですがなかなかその味が出せません。
私は大根葉を使ったチャーハンはよくするのですが。

この記事へのトラックバック