紙芝居

 紙芝居もなかなか奥が深いです。市立図書館からいくつか選んで持って行きました。友人のせっちゃんも気に入ってくれました。
 セロテープで補修してある古い古い紙芝居、紙がカーキ色になっていたのですが、私が気に入ったので演じることにしました。 前日、宿でせっちゃんが「これ初めてやわあ」とちょっと読んでくれました。それだけで私はすごいヒントをもらいました♪
 帰宅はせっちゃん運転の車でした。彼女が紙芝居修得に費やしたのは金額だけでもすごいものです。先年恩師がなくなるまでは毎月1度お江戸に行って先生の教えを請うていたのですから。それを考えれば、私は手抜き手抜き(^_^;)
 
 ソアーベの最後の演奏会。二人分の招待券が来ました。なんとかしていきたいと思いつつも、今年はマーゴちゃんのイベントと重なっていろいろ考えていたら、紙芝居の彼女が「行きたいな」と。それも一つの出会いかと、彼女に招待券を送る事にしました。「ありがとさん」と帰ってきたメールを見ると彼女は行く気があるようでなんか嬉しくなりました。

 人の出会いは不思議なものです。でもそれぞれの人の人生はその出会いで彩られています。

 夫との関係も微妙です。

 岐阜特産のアカカブラ、葉付きで15個ほどあるのが300円だったから思わず買ってしまったの。買った後で気づいて、「JRで帰るんだけど」
 販売所のおじちゃんは電車で持てるようにいろいろと工夫して赤カブの荷造りをしてくれました。そのとき飛び込んだ「今掘ったばかり」という土付きの大根も入れて。画像を撮れば良かったわ。
今日はひたすら赤カブの処理に追われていました(^_^)v

 赤カブの葉を中心に白菜との刻み漬け。 それから赤カブの酢漬けをするための塩漬け。ピンクのカブスープも美味しいね。たくさんの新鮮な葉はとりあえず塩漬けにしたり、使い道を考えて保存しました。以前、塩漬けをしてから丁寧に千枚漬けを作ったときの事を思いだして、それにも挑戦してみようかと思っています。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年11月07日 11:40
メンテナンスが終わりましたね・・
紙芝居も奥が深そうです。
展開を楽しみにしております。

こちらはふたつ、本番が終わり、あとふたつ。
残りは気楽な本番です。

そういえば、かぶはあまり食べないなあ・・
つい大根に走ります。
最近手抜きばかりで、ちょい反省。

ソアーベ、最後の演奏会・・
はなさんのお気持ちをお友達に託して
お見送りされるのですね。

ご縁は不思議なもの・・
全て「わけあって」出会うのだと思っております。
良きも悪しきも自分で引き寄せる・・


2012年11月07日 15:11
ベラさん

本当にお疲れ様です。
私の紙芝居など、ほんの刺身のつまなのですが、それでも、ね(^_^;)
出会った友人の素晴らしさに学ぶことがたくさんです。
紙芝居は私にはまだまだですけれど、友人に言わせれば私は子供の反応を見ながら対応できるのがいいと。
これはおそらく永年の職業のせいかもしれません。
演じるというだけあって、演劇レベルのパワーを必要とされます。

赤カブの甘酢漬け、第1弾はかなりうまくいきました。

ソアーベ、今は、言葉を聞いただけで涙が出ます。
中学時代の恩師でしたから。
ピアニストの奥様は、教え子の私よりずっと若く感じられますけれど、次の世代にうまく譲られるといいですね。

奥様は中学時代の私に合唱コンクールの伴奏をするように言いました。ピアノも習っていない私にです。楽譜を読めるからという理由だけで。私は必死で練習して、叱られました。「歌声にあわせていない」と。伴奏は歌声と調和するべきだったのですね。当時は理不尽だと思いましたが、今になれば学ばせて頂いたとおもっています。どのような御縁に出会うかは、自分自身の責任でしょうね。

ご縁によって人生が変わりますから、

この記事へのトラックバック