伊吹山

 今年の夏、伊吹山のお花畑を見たいなあと思いつつ、ついに行く機会がなかった。 
 日曜日、虎太郎宅に用事があったので出かけて、翌日の午前中は別宅のメンテ。 予定より早くメンテが終わったので、帰宅途中に急遽伊吹山に立ち寄ることにした。 朝、台風一過の青空に、このまままっすぐ帰宅するのが何だかもったいないような気がしたのだ。 山の準備は何もしていなかったけれど、車で上まで行くことができるからと、伊吹山ドライブウェイを目指した。
 しかし、近づくにつれて、空模様は怪しくなってきた。何だか、暗くなってきた空を見上げながら、「せっかくここまで来たのだから」とそのつもりになっていたら、小雨が・・・・、最悪だ。山を見ると山の上の方は完全に雲に覆われている。 「これは、登っても何も見えないよ~」
 引き返す勇気もなくて、ついに入り口にたどり着いたときには、小雨さえぱらぱらと降ってきた。 いつもは晴れ女なんだけど、最近は~。 悪いことばかり思い当たって、反省しきり。 ええい、どうせ山行きの装備もしていないから下見のつもりで登ってみようと言うことになった。 登りながらも、視界は全く霧の中で、見通しすら悪いほどだった。 どうやら雲の中を走っているようだ。
 
画像

 来た道路は見える物の、下界の景色はほとんど見えないまま、引き返す気にもならず、ついに車で行ける頂上まで着いた。さすがの天気の中、ほとんど車に出会わなかったが、頂上の駐車場にはほんの4.5台の車がぽつん。
 
画像

 カメラの三脚を立てている人もいた。 それなりにウインドブレーカーなどを着込んでいて、私達のような軽装の人はさすがにいない。 あまりの寒さに、「今日は下見」などと勝手につぶやいて、車の中で買ってきたおにぎりを食べた。 もちろんお花畑の散策は、地図や写真だけ眺めて終わった。 
 「今度はそのつもりで準備してこよう」と言いつつ、山を下ったが、デモでもでも、ちょいラッキー(*^_^*) どんどん雲が上がっていくのだ。
画像

 霧の中から少しずつ辺りの景色がはっきりしてくるのは、これはこれで何だかうきうきするものだ。谷間の集落が見えてきた。
画像

 画像ではうまく撮れなかったが、肉眼では名古屋駅前市街地が、さらに、琵琶湖や竹生島が見えるようになってきた。
画像

 小雨の中を無理に登ってきたけれど、これだけ見えたらちょい満足と自分に言い聞かせた。下界をはるか下に見下ろして走りながら、こんな所に道路を作るのは大変だっただろうなとか、歩いてここまではとうてい上れないだろうなとか、いろいろと考えていた。 ともあれ、大自然の中でしばらく過ごして、深呼吸をした気分の寄り道だった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年10月02日 10:45
おはようございます。
アウトドアはあまりしないのですが
山の空気、は大好きです。

色々とご多忙な毎日の中
よい気分転換をされましたね。

なんだか、当地の県立美術館に行きたくなりました。
山の中にあり、よいお散歩コースでもあります。

台風が去り、少し秋らしくなってきましたね。
どうぞご自愛下さいませ。




2012年10月02日 17:43
山の天気は変わり安いっていうことでしょうか?
でも、車で行ける範囲なら遭難は無いから安心ですね。
そして霧の中から景色が見えただけで、設けた様な気分になる。分かります。
人間ってそう考えると面白いですよね。期待が大きいと裏切られたショックでがっかりするのに、諦めたら最低が基準だから、少しでも見えたらラッキーって思えるんですものね。
だから頑張れるのかな?台風の被害が少なくて何よりでした!
2012年10月02日 19:25
ベラさん
いつもは高速ですっ飛んで帰るのですけれど、朝、あまりにも青空が綺麗だったので、下道で出かけて寄り道をしました。
とても味を占めちゃって、これから時間のあるときには下道を通ってあちこち見ながら帰ろうと話していました。
ちょっと転機が悪くて、会う人も少なかったので、なおさら山の空気を堪能できた気分です。

これからは我が家の庭にして山頂の花畑を時々の散策コースに取り入れることにします。
帰宅したら早速、古いトレッキングシューズを出してきました
2012年10月02日 19:29
はるばるさん
本当に不思議なものですね。
車ですから遭難は心配なしです。
下見、下見(*^_^*)

霧が晴れてきて、琵琶湖や名古屋市街が見えたら、急に嬉しくなってきたから不思議な物です。
登り初めの頃の悪天候があったから、こんなに感謝ができたのですね。
最初から良い天気だったら、当然だと思っていたのかも知れませんね。

寄り道、無駄道、人生には大切な遊び空間ですね。

この記事へのトラックバック