祭が始まった。
虎次郎一家が、時間の合間を縫ってやってきた。
小虎ちゃんには初めての祭かも知れない。
昨日はベビーカーで出店の通りを歩いたので、あまり立ち止まることはなかった。

今日は、別の場所のお祭り広場に出かけた。
祭にやってくる出店を土地の人は香具師(やし)と言っている。
こちらの方言に「そんなのヤシや!」と言うのは、ちょっとインチキっぽいというニュアンスがある。
年々高くて1000円の小遣いなど、香具師にかかると焼け石に水なのだ。

今日行ったところは地元の商工会議所達が盛り上げているところで、香具師と比べると値段はメチャクチャ安い。
子虎ちゃんは100円のヨーヨーすくいで、自分の好きなカエルを手に入れて満足。(香具師では400円~600円はする)
歩いていると「300円で外れなしのくじ」という店があった。外れなしでも安くても、クジは好まないと素通りしたが、そのあたりをフラフラしていたら子虎ちゃんが手を出してしまった。あらららららら。
仕方ないと300円を払ったら、クジには3と書いてあった。いわゆる外れなのだが、300円相当の好きな品物を持っていけばいいということらしい。
しかし、子虎ちゃんが欲しかったのは100円のしゃぼんだまセット。
他のものを叔父さんとおばさんが勧めても、しゃぼんだまセットを取られてはいけないと、全く反応しない子虎ちゃん。それではと200円相当のものの中から「好きなものを」と勧めても、子虎ちゃんはしゃぼんだまセットを抱きしめている。
香具師でない叔父さん達は300円をもらって100円のものだけでは済まなかったらしい。
ビニールの犬に車と引き綱を付けて連れ歩くものをおまけにくれた。
犬好きの子虎ちゃんは、これには大喜び。
引いているビニルの犬を見ながら後ろ向きに進むほどだった。
通りすがりの人は、「あら。これは小さい子には軽くて可愛くていいねえ」と言っていた。
画像


途中で同種のものを売っている、商工会議所の品物を見たら、なんと500円だった。それでも安いくらいだが、ゲッ(>_<) 

駅前のお祭り広場は11時半からだが、子虎ちゃんはその頃には自宅に向かって帰宅する。
駅前に二つの「ふわふわ」ができている。子虎ちゃんはそこで遊びたいらしい。
時間を聞くと、まだまだだ。

原電主催の「ふわふわ」は無料と大きく書いてあるが、もう一つは商工会議所のものらしい。
「この時期原電は無料のボランティアにしないとね」と言いつつ、どちらに並ぶか見ていると。
子供達が並び始めると、商工会議所の人たちは「できるだけ早く始められるように準備しますよ」と頑張ってくれた。無料のげんでんふわふわは、予定時間を変えることはない。商工会議所は予定より40分ほど早くやろうと、ダッシュで準備していた。
子虎ちゃんが並んだが、開始に際して「100円です」との声があった。
その途端、半分以上の人が原電の無料ふわふわに移動。
お陰で子虎ちゃんは100円でふわふわの最初に入ることができた。
一方、利益を求めようと思っていない原電は、無料なので時間までにやる気はない。
これは関わる人の意識の違いだ。慌てて、ふわふわの空気を抜いた。
あわてて、子供達は商工会議所のふわふわに戻った。
子虎ちゃんは100円のふわふわを楽しんだ。

今回は、いろいろと市内の人たちの優しさを感じたかなあ。

ともあれ、こんな人間模様を見るのが大好きなはなでもあった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック