週末

今週末は子はなちゃんのチアリーディングの発表会に出かけました。
画像

子はなちゃんもチビはなちゃんもなかなか背が高いです。
画像

チビ子はなちゃんは、1歳ですがすでに意思疎通ができるようになっていました。

落雷で電車が止まって開始もかなり遅れました。
発表会後、みんなで食事をしてから別宅に着いたときには真夜中でした。

今日は小虎ちゃんが別宅に来ました。
パパママが用事があるので、昼食後まで小虎ちゃんと遊びました。
お散歩に出かけて、ダイソーで簡単なバネのおもちゃを一つ買いました。
隣で桃とブドウを、小虎ちゃんはフルーツ大好きなのです。

別宅には小虎ちゃん専用のスリッパや、専用座布団のついた椅子などがあります。
よく知っています。

牛乳パックを使った椅子、先日小虎ちゃんのために我が家に置いたのですが、その前に別宅のブレーカー用の踏み台として作ってみたのがあったのです。
小虎ちゃんはこれを見つけて自分の踏み台と認識。
手洗い場にあった踏み台を見つけて、必死で手を伸ばし、洗面台で水を出して手を洗い水を止めるという一連の作業を完結したようです。
うっかり、最後の水を止めるところを手伝ったらお怒り!!
自分でやりたかったのですね、うかつでした。
「介護も子育てもできるだけ自分でさせること」 これが私のポリシーの筈だったのに^^;
でも、ゆっくり話すと聞き分けが良いので助かりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2012年08月13日 21:38
こんばんわ^^
意思疎通が出来るようになったチビこはなちゃんかわいいでしょうね。
最近私も孫と会話が成り立つようになってきて
母とは会話がかみ合わなくなった分孫と会話を楽しん
でいます。
2012年08月14日 10:31
お孫さんがいると
第二の子育てのような経験をしますよね^^
>「介護も子育てもできるだけ自分でさせること」<
↑↑↑
ほんと!見守りの大切さ!
そして、こちらは忍耐ですね!(笑)^^q
2012年08月14日 19:56
風華さん
そうなんです。
1歳のチビ子はなちゃんも、イエス、ノーははっきり反応しますし、欲しいものもきちんと指さします。
2歳の小虎ちゃんは、とってもよくおしゃべりをして楽しいです。
すごくやんちゃなのですが、食べ物で遊んだときに注意をしたら目に涙をためました。
もう、何でも説明すればわかるのですね。
とても楽しみです。
2012年08月14日 20:05
みつばさん
本当にそうですね。
小虎ちゃんやチビ子はなちやんなどは、この間できなかったのに、会うたびにできることが増えていて驚きです。
それに引き替え、私達はどんどんできないことが増えていきます。
つい先日までできたことがもうできなくなることなどたくさんあります。
姑を見ていた夫は、今年退職してから家事も時折手伝うようになりました。
「自分のできることはできるだけ自分でして行かなくては惚ける」との主張です。
男の家事は・・・忍耐部分もありますが(^_^;)

介護も忍耐ですね。
まず自分でズボンをはかせて、前後ろの間違いを教えながら。
でも、何もかも先回りして親切にしないことで、姑はトイレに行けるようになりました。
根気が要りましたけれどね。
今は助かっています。
あの頃はお盆にもベッドから出ることもできなかったのに、今年はお寺さんが棚経で見えたとき、一緒にお参りすることができました。
2012年08月15日 23:20
忍耐忍耐・・・
せっかちなわたくしは
反省しきり、でございます・・

花車が小さい頃、ゆっくり待ちたかったのですが・・
「いつ来る?」と電話が来た途端にパニック・・
「せかされているんだから早くして!!!」と叫んでいました。電話線をひきちぎったりもしましたね。
電話ノイローゼでした。

「ゆっくり待ちたいから、そちらも待っていて」
そう言えなかった「いい子ちゃん」は
その頃も娘を犠牲にして、親の機嫌ばかりを気にしていました・・

2012年08月16日 23:46
ほんとにお孫さんのかわいいこと・・・

好きなことがなかなかできなくなる・・・
みんなだんだんっそうなるのですね。
気持ばかりが先走ってしまってね。

これからは、自分が介護をしてもらうように
なります。
せめて、トイレはいつまでも、自分でいきたいなと
おもいます。
2012年08月17日 18:06
ベラさん
大丈夫です^^
私はよくお母さん達と語る機会がありました。
お母さんは、「もっと早く知っていれば良かった。今じゃ遅いわ」と言いますけれど、私はいつも言います。
「子育てには遅すぎることなんてありません。今がいつもスタートです。気づいて本当に良かったですね」と。

本当は相手に要求をするより、自分が変わることで相手が変わっていくことを学習しました。
子育てがスタートしたと言うことは、母業も最初のスタート地点に経ったということですから、子供と母親が一緒に成長していくのではないでしょうか。
それはは親一人の責任ではないと思います。
2012年08月17日 18:23
kyabetuさん
子はなちゃんは、ちょっと大柄なので、せめて細くなると良いと言われているようですが、この歳には食欲バンバンでいいですよね。
今まで我が家にいて、先ほど自宅に向けて出発しました。
バアバは大変ですが楽しかったです。

それにしても、気持ちばかりが先走ること、確かにそうですね。
最近痛感していることに、固有名詞がなかなか出てこないことがあります。
芸能人など、顔は思い浮かぶのに名前が出てこない・・・。
しばらく考えてから、思いだしたときの嬉しさと悲しさ(^_^;)
慌てていて、ちょっと違うところに車のキーやサイフを置いたりすると、わからなくなって不安になります。
毎日、なんだかんだと捜し物をしている自分が悲しくなります。
でも、認知症になるとそんな気遣いもしなくなるのでかえって幸せなのかも知れません、最近、そんなことを考えることがあります。

いろいろと見ていると、自分のことをできるだけ自分でやろうとしている人は、案外認知症にならないようです。

何はともあれ、トイレだけはできるだけ他人様の世話にならないようにしたいですね。

この記事へのトラックバック