夏野菜

先日、母のところで姉に会ったとき、姉が収穫した野菜をくれたので、最近はその野菜を頂くことに専念している。無農薬の夏野菜を、いかに無駄なく頂くかと言うことが、最近の私の日々の課題なのだ。

キュウリやナスはあまりたくさんなかったので、ぬか漬け中心に使う。
ナスは炊いても焼いても揚げても炒めても、美味しいし、虎ちゃんが好きなのだ。
ピーマンは生のまま冷凍保存もできるので、今後のために少し冷凍しておくことにする。

農家に育った私は、夏はいつも夏野菜ばかりだった。
新鮮な野菜は、ごくシンプルにそのまま焼いて皮を剥いて食べるのが美味しい。
IHになってから、焼き野菜を諦めていたのだが、試しに小さなピーマンをグリルに入れてみた。
ほうほう、良い感じに焦げ目がついて、ひっくり返してこちら側も、っと。
適当なところで、冷たい水にじゅっ!
くるりと皮が剥けた。
種も取って、柔らかなピーマンをいくつかに引き裂いて、
めんつゆをかけると美味しいという人がいるが、シンプル好きの私は、ごまとかカツオなどをかけて醤油で頂くのが好きなのだ。
ナスもしかり。生姜醤油で頂く。
そう言えば、ジャガイモやトウモロコシもお風呂を沸かす火の中で焼いたなあ。
トウモロコシは、皮を付けたまま焼かないと、実が焦げてしまう。

ジャガイモは直径2センチほどの細かいものもたくさんあった。
まずは皮付きのコロ煮にした。
虎ちゃんは少ししか食べないけれど、姑が大好きなのだ。
温めながら、連続で出しても、毎食姑は喜んで、ほとんどの芋を食べた。
しばらく続いたので、まだあるのを再びコロ煮と言うわけにもいかない。
別にジャガイモはすぐに傷まないから慌てなくても良いのだが。
揚げてもいい。素揚げして、そのままダシの中に入れるとジュッと味がしみこんで、これまた良い感じなのだ。
アメリカンポテトみたいなのもいい。
マヨラーの虎ちゃんはポテトサラダが好きなので、次はこれ。
小さな芋を一つ一つ皮を向くのはたまらない。
皮ごと茹でてから手で皮を向くに限る。
そうしてマッシュ。
少しは明日の味噌汁用に残しておいて、ポテトサラダを作った。

ところで、子供の頃には知らなかった野菜ももらった。
そうめんカボチャだ。
画像

すごく堅いが、切ってみるとこんな感じ。
画像

これのどこがそうめんなの?と言うところだけど、
茹でるとほら
画像

画像

おもしろいね。
家族が少ないので一気に全部は使わずに、3.4回に分けて使うつもり。
と言うわけで、棒々鶏もどきをしたときには、そうめんカボチャをたっふり入れた。
~もどきというのは、それ以外にも冷蔵庫を覗いていろいろなものを入れてしまうのだ。
今回はたくさんもらったミニトマトやピーマンなども入れた(^_^;)
「そうめんカボチャの食感がいいね」と、虎ちゃんにはうけた。
ちょっと量が多かったので残ってしまった。
次の日の昼食、私が外出からちょっと遅れて帰宅したら、虎ちゃんが勝手に昼食を作って食べていた。
冷やし中華の上に、棒々鶏もどきの残りをしっかり乗せて食べてしまった。
「卵焼きも焼いたんだよ。今日は栄養満点だった」
だいぶ、私の自立教育が行き届いてきたのかしら^^

もちろん、ポテトサラダにも細かく刻んだそうめんカボチャを忍ばせてしまった(^_^;)
最後まで使い切らないともったいないもの。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年08月09日 18:42
そうめんかぼちゃ・・・話は聞いたことあっても食べたことないですから、当然どう食べるのかも知らない。
勉強になりました・・ほんと面白いですね。
2012年08月09日 19:12
えみちゃん
いらっしゃいませ。
婆守り孫守りをしながら、自分自身の認知症予防のためにとりとめもないことを綴っています。
千切り大根風に煮物にしても良いらしいのですが、それそのものの味に癖がないので、いろいろと使えそうです。
なかなか面白い野菜です^^
2012年08月10日 00:07
こんばんは
前記事にはびっくり!
大丈夫でしょうか?

水分と同時に塩分も必要、と
カラカラに干した梅干しを持ち歩いている知人もいます。まずい!と思ったら口に含むのだそうですよ。

わたくしも先日「まずい!」という場面がありましたが・・
水分と糖分を取ったら治りました。
熱中症とは別物ですね。

お料理については・・
「お師匠さま!」
そうめんかぼちゃ、はまだ実物にお目にかかっていません。
そうめんが苦手な私には
悩ましい野菜です・・
2012年08月10日 12:53
なつかしい~。そうめんかぼちゃですね。
山口県の転勤時代、お隣さんから頂戴して、食べかたを教えてもらいました。
はじめての調理法に、実験をしているような楽しさがありました。
こちら(関東)ではなかなか手にいれることができないので、懐かしいです。
日本には、いろいろな、おもしろい食材がありますよね。
2012年08月10日 14:19
ベラさん
いろいろとお疲れ様でした。
料理については、私は本当に野性的な食べ方が好きだなあと、つくづく・・・。
でも、ちょっと変わったことに挑戦するのは大好きです^^
2012年08月10日 14:30
マダムえりこさん
さすがプロですね、そうめんカボチャご存じでしたか。
土地によって独特の食材があるのかも知れませんね。
そうめんカボチャ、大きいのですが、癖がなくて応用の利く野菜ですね。
そう言えばこの春、長男の虎太郎の家でも庭にそうめんカボチャを植えたと言っていました。
お嫁さんの実家は関西ですね。
そうめんかぼちゃは関西圏なのかも知れませんね。
2012年08月12日 00:09
はなさんのところも色々な野菜がありますね。

そうめんカボチャおもしろいですね。
仕事さきで見たことあります。
一般には出てきません。

そうなんですか。関西圏なのですか。
形はとうがんみたいですね。
2012年08月12日 19:42
kyabetuさん
そうめんカボチャ
私も子供の頃には知らなかった野菜です。
本当に、そうめんのように食べる人もあるそうですが、食感が、いささかコリコリしていますね。
mayflower
2012年08月13日 22:37
ピーマンがそのまま冷凍できるとは知りませんでした。料理上手な人、いいなあ。
そうめんカボチャ、売ってるの見たことありません。兵庫県ですが。面白い野菜ですね。このごろは緑のカーテンで、ゴーヤを作っている人が多いようです。
2012年08月17日 17:57
mayflowerさん
私は料理上手ではないのですが、食材を無駄なく大切に感謝して使い切りたいと思っているのです。
夏野菜は、家庭菜園で作る人も多く、時にはもらうこともあります。
ピーマン、冷凍したものは自然解凍せずに凍ったまま、包丁でざくざく切って調理した方が良いですね。
インゲンは茹でてから冷凍しますけれど、これも凍ったままポキポキと折って調理するほうがおいしいかな ?という気がしています。
ゴーヤ、最近は有名でどこにでも売っていますね。
ゴーヤは姑が嫌いなので、私もつい手を出しにくくなります。
美味しい調理法があったら、教えて欲しいです。

この記事へのトラックバック