昆布の話

 こちらは江戸時代から北前船航路で北海道の昆布が入ってきたところで、加工昆布のシェアは全国の90%を超えるそうです。義兄は、今では数少なくなった昆布かきの職人です。とろろ昆布は機械がきですが、おぼろ昆布はこちらでは職人による手がきです。
 1枚の昆布を削るのですが、部位によっていろいろな使われ方があります。太白(たいはく)と呼ばれる白い昆布のしっとり感には感動します。太白のとろろもおぼろも美味しいです。中ムキという、少し黒いところのまじったおぼろが美味しいという人もいますが、それなりにわかります。見かけよりも味なのでしょう。
 削った後の最後の芯は、鯖寿司の昆布に使われます。その端は削り残しの爪昆布としてかじり昆布になります。削り残しだから爪の形になっています。1本の昆布から1つしか出ない爪昆布なので、一般には出回っているかどうかわかりません。女傑の友人せっちゃんは、この爪昆布が大好き。
 いつだったか紙芝居に来たとき私が鞄から出したら喜んで、帰るときには「残りもおくれ」と持ち帰りました。以来、彼女にはこれをよくあげます。同じ県なのに、他の地では手に入らないようです。

 弟のお嫁さんは栄養士で、料理が得意。最近昆布巻きにも凝りだしたようで、「昆布巻きに美味しい昆布は何でしょうか?」と訪ねられました。「日高昆布」と「利尻昆布」、「日高昆布」は昆布巻きに適していて柔らかく炊けるようです。「利尻昆布」は出しをとったりするのに向いているようです。母が何を使っていたのかわかりませんが、祭になると鍋一杯の昆布巻きを作っていました。身欠きニシンの横に箸を添えて、戻した昆布でぎゅっと巻いて、かんぴょうで縛ってから最後に箸を抜きます。先日やってきた弟のお嫁さんに日高昆布を用意しながら、私も今度昆布巻きを作ってみようかなあと思いました。昆布巻きって冷凍もきくんですよね。私もそんな歳になったなあと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年06月16日 00:12
興奮しているベラでございます!
そうですよ~~
だしは利尻
昆布巻きは日高!

とろろ昆布も
おぼろ昆布も・

母から私へ
私から娘へ

遺伝した?昆布好きでございます。

幼少の頃の小さなおにぎりは
とろろまたはおぼろ昆布巻きでした。

琵琶湖のほとりから嫁いできた母は
鰊の昆布巻きを
やはり大鍋いっぱいに作っていました

懐かしく思い出されます・・

2012年06月16日 09:35
お早うございます~♪

とろろ昆布大好きなんですよ~。

偶然、TVで、昆布をすくところを見ましたね~。
義兄さんが、昆布職人さんですか~。

やっぱり手に職があるっていいですね~。

昆布巻き大好きです~。

    今日も充実の一日を~♪
こちらは大雨の予報だわ~。
2012年06月16日 11:39
はなさん、こんにちは^^q
昆布の色々。。。
そういえば。。。この間TVで
昆布に凝ってるお笑いの人の話を観ました。
昆布のネバネバが体に良いのですよね^^q

凝ると色んな昆布が食べたくなる気持ち
何となく解るような気がします(笑)

はなさん、また孫ちゃんから
沢山パワー貰ってくださいね!^^q
2012年06月16日 19:05
ベラさん
さすがですね^^
我が家も昆布大好きです。
おぼろもとろろも、欠かしたことはありません。

最近はヨーソを含む昆布は放射能にもいいと言うことで、義姉の新鮮な手がき昆布を渡すととても喜ばれます。
防災の非常食の中にも私は昆布を入れています。
爪昆布はそのままかじられるので、もちろん^^

こちらには昆布のお菓子もたくさんあります。
チョコポンというお菓子は昆布飴なのですが、なかにチョコが入っています。
その個性は好き不好きですけれど、なかなかアンバランスを好む人がいます。
もちろん蜂蜜入りの昆布飴などいろいろあります。
昆布を材料にした求肥昆布もなかなか好評ですよ。
私はこれをよく子はなちゃん達のおみやげに持って行きます。
2012年06月16日 19:12
夕顔とひまわりさん
義兄は職人なので定年がありません。
ときどき、お江戸などに物産展などでの実演に出かけます。

ところで、大雨の被害はありませんでしたか?
最近は自然災害が多く、全国のネット仲間の安否を心配することが多くなりました。

昆布巻き、祭りでなくてもおいしいですよね^^
これからどんどん食べましょう^^
2012年06月16日 19:29
みつばさん
ありがとうございます。
夫が今年4月から完全に退職して初めて、介護に拘束されることの大変さに気づいたようです。
夫が退職するまでは、一切文句や愚痴を言わずに介護をしようと思っていました。
新設の小規模多機能施設との出会いも良かったのですが、利用者が増えたのでディを辞めることにしましたが、その分退職した夫が協力してくれるので助かっています。

週末ショートだけをお願いしているのですが、凄くリフレッシュしています。
今日も、別宅で11時から3時過ぎまで子虎ちゃんを預かりました。

この記事へのトラックバック