我が家の貴重な食材です

昨日に引き続き、元気になった今日も東奔西走。今日は姑がディケアなので、虎ちゃんも私もこのときとばかり動きました。
私は姑を出してから、体調不良の友人宅に、彼女が庭の一隅を畑にしたいと言っていたのに、GWの時は忙しくてしてあげられなかったのが気になっていて、やっと手の空いた今日、二畝だけ作ってきました。
午後は近所の介護友のところに行きました。
虎ちゃんは退職したものの退職互助会の事務局とやらを引き受けてしまいました。文書を出したり、お金を出したり、退職者ばかりで高齢者もいるので、直接家まで届けに行くのが彼のポリシーのようで忙しくなっています。それはそれで、他人様のためになることならどんどんやれば良いというのは私のポリシーでもあります。 姑の帰宅時間が近づき、虎ちゃんの仕事が一つやり残してありましたけれど、在宅の仕事なので「明日でもいいよ」と言うことで譲ってもらいました。

これは「みつば」買ってきたみつばの根っこのスポンジごと植木鉢に植えました。三つ葉、ネギ、大葉など、薬味の生命力はすごい。 今年は雪の下で枯らしてしまいましたが、どんどん元気になっています。
今日は刻んで、今日のタケノコご飯(今度UPします)に乗せました。
画像

姑を迎えに来た男性の介護士さんはいろいろなことに興味がある様子で、猫の額の花壇にタラの木がどんどん増えていることに感動していました。「生命力のある木だなあ」彼にタラの木と教えたかったのですが、そんな余裕もなくて・・・・お辞儀のみで終わってしまいました。
画像

たった1本のタラの木を猫の額に植えたら、すでに6本目、どうやら根続きで増えているようです。
新芽を天ぷらにしたら美味しいのです。
次から次と出てくる若芽、天ぷらばかりでも仕方ないので、先日はおひたしのピーナッツ和えにしたら大好評でした。こりゃ使えるとばかり、今日は刻んでチャーハンに、もちろんOK^^
画像

6番目の若木です。先日介護友に1本あげたら喜ばれました。誰か欲しい人いないかなあ。タラの木は、芽を全部綺麗に摘んだら枯れるそうですが。
画像

なかなかぷっくらとしたタラの芽でしょう^^ちょっと採り方に気をつければ枯れないのですが、ううむ、我が家の猫の額をタラ林にするわけには行かない、と思いつつ、なるようになるかみんな喜んでいるんだしとも思っている私です。
どんどん若葉が出るので皆さんに配っています。「要らなければ処分してくださいね」と。

これはタラと私の御縁かなあ。

永年我が家の食料源であった山椒は昨年寿命を終わったので、変わりにタラが頑張っているのかも知れません。更に、この猫の額に、ミョウガタケがぼちぼちと出て来ました。本当に花より団子のはなでした^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年05月12日 23:03
嗚呼!!
近かったらならば・・・
厚かましくも
頂きに参上いたしましたのに・・

残念!!!
はなさんに拍手!!
2012年05月13日 02:11
ベラさん
機会があれば、もって参上いたしますよ^^
仕事を辞めた夫も、細かい仕事はありますけれどようやくゆったりと過ごせるようになった様子で。
私はお出かけを狙っておりますから^^

タラの新芽を摘んでおけば、癖のない味なのでいろいろな料理に使えます。なかなか楽しみです。
今度は山からコシアブラを持ってきて植えたいと思っている私です。

この記事へのトラックバック