日帰りバス旅行 紅葉狩り

画像
 数年前に京都の紅葉を見に行ったときの鮮烈な印象が残っていて,是非もう一度チャンスがあったらと思っていた。そこで、先日ようやくお出かけの運びとなった。バスなので、出発が30分以上遅れたのは、道路事情で仕方がない。添乗員さんは中年の男性。
 遅れを取り戻すべく,高速では予定のSAを一つ飛ばして走る。途中で昼食の弁当を積み込み、夕食弁当は希望をとっていた。さて、昼食を配布してバスが走り出したら弁当が足りない。添乗員さんは自分の分とドライバーさんの分を工面して,何とか処置。
画像

昼食前だったが,あまりにも美味しそうな「三井寺力餅」、思わず買って食べた。美味しかった。
 最初は「金戒光明寺」
画像

 綺麗な庭だったが、紅葉には一足早いのも,天候ばかりはやむを得ない。紅葉の姿を想像しながら,庭を散策した。
画像

 別れた場所で集合と言っていたのだが、人数が4名足りない。焦った添乗員さんが、携帯に電話するも応じない。時間が迫ってきたら,ドライバーさんから直接バスの所まできてすでに4名乗車しているとか。添乗員さんはヤレヤレの表情。
 次は「源光庵」悟りの窓と迷いの窓があるという。しかし、多くの人で,そのまえにゆっくりと悟りを開くまで座っているわけにはいかず人並みに押されて,デジカメのシャッターを押しながら進んでいった。
画像

悟りの窓,ううむ、角度が良くなかったかなあ。
次は迷いの窓
画像

まあ、これもなんとなくイマイチきちんと伝わらない。
 おもしろいのはここの杉の木。中心の幹を切って,周囲の枝をまっすぐに上に伸ばしているのだ。まるで、異国の木みたいに見える。
画像

ススキの向こうに見える門の丸い白いのは月を表しているとか,なるほど、芸が細かい。
 ここでは,バスを降りたところを集合場所と言っていた添乗員さん、前回のことがあって集合に焦っていた様子だ。自由散策1時間とのことだったけれど,30分もすれば一回り終わってしまったので,あちこち写真を撮るところを探していたら,お寺の入り口で呼ぶこえがする。まだずいぶん時間が余っているのにと思いつつ,まあ人取り見たからと行ったら、添乗員さんが旗を出して集めていた。虎ちゃんの知りあいが同じバスに乗り合わせていたので,声をかけたら,「あら,まだまだ時間があるからどうやってつぶそうかと、あちこちうろうろしていたのに。それに、集合場所はここじゃないでしょう?」まあまあまあ・・・というわけで、ぼちぼちと歩きながら,集合場所に向かうと,途中で「まだ時間あると思ったのに、びっくり!」と追いかけて来る人数名。バスに乗る頃には全員集合で,結局予定より5分早く出発となった。これ以降,メンバーは5分前集合を心がける人が多くなった様子だ。
画像

 次は北野天満宮。豊臣秀吉が作ったという「御土居」、これは季節を問わず良い景色だろうと思った。広い梅林、桜などの間に朱の欄干が映えていた。
画像

画像

画像

 ここも散策時間は余る程度で,まだ時間があるからとバスの近くでいつまでもうろうろしていた私だが,多くの人がとっととバスに乗り込んでいた。

 いよいよ嵐山,この旅行のメインは夜の紅葉のライトアップというが、日没までに散策自由時間。私達にとっては,このバス旅行で唯一時間配分不足を感じた場所だった。この地区にはいろいろなものがあり、美空ひばりミュージアムなどもあったが、私達は「天龍寺」へ行った。ここは広くて色々な景色が広がる。枝垂れ桜の頃に来たら,それもさぞかしすばらしいだろうと思われた。
 
画像
画像
画像
画像
画像

近くに抱える山の上まで手入れが行き届いた庭で、あっちもこっちもと、時間がないくらいだった。嵐山の自由散策はここですべてを費やしてしまった。ここは来て良かったと思えた。
一七時半からは宝厳院のライトアップ、夜でコースも決まっているのと、紅葉がイマイチだったので,あっという間に終了,時間はまだあるのでもう一度ゆっくりと写真を撮りながら回った。
 
画像
画像
画像
画像


 例によって、みなさん置いて行かれては大変と早く集合したので,出発の遅れも十分にカバーし,さらに当初の予定よりも10分早く出発の運びとなった。添乗員さんもこれにて一安心。
 6時20分に京都を出発したのだが,夕食弁当は昼と同じ草津で積み込むことになっている。京都の夕方の渋滞を乗り越えて高速に乗ったのは7時過ぎ。8時頃ようやく弁当にありつけた次第だが・・・・。
 昼食のことで学習した添乗員さん,夕食を配り終えるまでバスを出さず,結果,またまた弁当不足。運んだ人は27個持ってきたつもりが,伝票は24個、実際の数は22個。添乗員さんは、弁当を運んできた人にもバスの中で一つ一つの弁当を確認させてしまった。これは添乗員さんの責任ではないけれど,結局大幅に遅れ,添乗員さんは弁当屋さんに怒るとともに、最後まで「弁当でご迷惑を・・・」と言い続けていた。

 実はこの弁当,まだ問題ありだった。私達だけでなく,密かに他の客も気づいていたのだが,昼と夜の弁当は箱の仕切りや見た目が違うものの,中身はほとんど同じだったのだ。異なったのは,稲荷がチラシになり、塩ますが塩鯖になっていたことだけだった。天下の○売旅行の責任ではないかも知れないが,これはいただけません。添乗員さんもそのことに気づいていたらしく,弁当がしこりに残ったまま、日帰りバス旅行は終わった。

それから,バスで私達の後ろのご夫婦の会話がおもしろかった。奥様はかなり知的な方で,いつもご主人を立てている。ご主人のぼんやりとした質問に実に明快にしかも慎ましやかに答えているので感心していた。降りるときにちらりとお顔をみたら、私より遙かに年上の方で,またびっくり。それにまた,なるほどと感心した次第だ。
「袖すり合うも多生の縁」そんな言葉を思い出したバス旅行だった。

 
添乗員さん,本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
以上,なかなか楽しい日帰りバス旅行の報告でした(*^_^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年11月24日 15:30
おお!はなさん、写真が一気に増えましたね!
素敵です・・
癒される画像、ありがとうございます。
お弁当事件、は語り草になりそうですね。
お疲れ様でした。
2011年11月25日 08:46
ベラさん
紅葉にはいささか早い漢字でしたが,それなりに素敵な庭などを楽しんできました。
バスツアーなどでは,人間模様も楽しくて^^
たまには良いものですね。
癖になりそうです
2011年11月27日 22:46
団体のバスになると添乗員さんが大変ですよね。みんな言うことを聞く人ばかりだと良いのですが、結構みんなわがままで好き勝手なことをしますからね。
でも、無事に回られたようで何よりでした!
2011年11月27日 23:29
京都の紅葉、少しはやかったのですか?
でも京都はやはりいいですね。
私の方からは日帰りは無理ですね

たくさんの写真で楽しませていただきました。

行きたいなあ
2011年11月27日 23:54
はるばるさん
性格でしょうか、添乗員さんのご苦労などに心がいくのです^^;
なかなかわがままなお年寄りが多くて、

それでも
ハン*額になるんだけどなあ
2011年11月28日 09:24
kyabetuさん
ようやく二人だけでお出かけする余裕が出て来ました。
日常生活からの脱出は、それなりに新鮮で、たまにはいいものですね。
四季を通じて、素敵な庭が多く、これからはこんなところもいろいろと散策してみたいなと思いました。

さて、今度はどこに行こうかな、なんて思います。
2011年11月29日 19:38
こんばんは~ 京都へ来られたんですね~
私は少し遅くて27日に行ってきましたよ

金戒光明寺も行ってきましたが・・その東側の真如堂にも行きましたよ
北野天満宮も良くいきますが 紅葉の季節はあまり行かないですね
上七軒の近くにある洋食屋さんは良く行きますよ

嵐山のライトアップ! 良いですね~
日帰りツアーで ここまで行けたら良いですよね
2011年11月30日 09:05
テスさん
京都,自分で行くには道路が狭くて細かくて、運転が大変なのですが、バスツアーは楽で良いですね。
春、桜の季節も良いでしょうね。
北野天満宮は,梅の季節でしょうか。
京都の素敵な庭は、四季を通じて楽しめますね。
27日なら、紅葉は良い時期だったのではありませんか?

この記事へのトラックバック