おみやげ

別宅に行くときは、おみやげに何を持って行こうかといつも考えます。
子供たちがこちらに住んでいるときには、こちらの特産品や土産物など買うこともありませんでした。
虎太郎や虎次郎が他県に住むようになってからは、こちらならではのものをいろいろと探すようになりました。
まず、義兄が職人をしている手がき昆布、昆布加工は、全国一のシェアを占めているようです。
港町なので、北海道から直接昆布が入ってくるからです。
放射能に対しても、癌に対しても、昆布はいいというので、日々食べて欲しいものです。

先日、お土産屋さんで昆布をかいている人を見ていました。
「太白(たいはく)はあるの?」と尋ねたら、その職人さん、「昆布買ってくれるんなら・・・」とせっせと太白をかき始めました。
このお土産屋さんでは、太白と言う商品はありませんでした。
でも、職人さんは太白を知っていたのでしょう。
大量の太白を加えたおぼろ昆布を虎次郎へのおみやげに持って行きました。
おぼろ昆布の中でも真っ白のものが太白です。
白黒の混じったおぼろは一般的に中むきと言われます。
「体にいいから、朝の味噌汁に一片入れてね」と言っています。

昆布はこちらではお菓子にもいろいろと使われています。
クッキーにいろいろと混じっているのはよくありますが、先日、子はなちゃんから「求肥昆布」のリクエストがありました。
こちらの名産品の「羽二重餅」の昆布版です。
もう一つ、豆粉をおかめの形にした「豆落雁」もこちらの土産物です。
伝統の和菓子屋さんに行って、「求肥昆布」を買い求めました。
見つけたのは、「マンゴー水ようかん」でした。
試しに購入したところ、子はなちゃんたちはおいしいと喜んでいました。
今回は、小虎ちゃんにも買っていくことにしました。

そのお菓子屋さんには、店の大将が砂糖菓子で作った作品がたくさん飾られています。
今回、デジカメを持っていたので、撮影してきました。
お菓子で作った椿です。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年10月14日 23:25
太白というのは、中の白いところだけを削ったものですか? 何とも贅沢なものですねえ。ヒゲおやじも昆布は大好きですよ。ビールのつまみにそのまま囓ったりします。塩味が効いていて美味しいのですよ。
2011年10月15日 00:02
ある文学者に太白を送ったら「竜宮の生け垣だ」と表現されました。
おぼろは手がきで、とろろは機械がきなのですが、こちらでは太白とろろもまた絶品です。
爪昆布というのは、こんぶをかいたはしっこです。
1本の昆布に一つだけできるのですが、これもつまみには美味しいです^^

この記事へのトラックバック