白山スーパー林道

昨日は別宅に用事があって出かけた。
お仏壇の件なのだが、それはまたの機会に。
明日は、こちらで親戚の法事があるので、今日中に帰宅せねばならない。

昨夜別宅のPCが妙に遅くていらいらしたのが気になっていた。
朝虎ちゃんが見ていてもやっぱり遅いので、ブロバイダーに連絡をした。
ようやく混雑状態から脱出して11時には解決、サクサク状態となった。

さて、虎ちゃんがフルタイムで働いているときなら、翌日の予定に備えてすぐに帰路にとりかかっただろう。
でも、「林住期」、
仕事を辞めてからは、なんか心に余裕があるのだろうか。
寄り道をして帰宅することにした。
東海北陸道だっけ、そこを北陸に向かって出かけ、岐阜県から石川県に向けての「白山スーパー林道」を通って帰宅することにした。
ここは9月中旬からが紅葉の見所とは聞いていたので、すでに時期を過ぎてはいるが、京都の紅葉にはまだ早いし、今年は暑かったので、出かけることにした。

画像

ひるがの高原で、白山や日本アルプスを見てから、世界遺産の白川郷から白山スーパー林道へ。
画像

白山は富士山、立山と並び称される山だ。
車で上るとはいえ、山の高さと渓谷の深さに、私はすごくどきどきしてしまった。
虎ちゃんに「ゆっくり、ゆっくり」と何度言ったことか。
私は高所恐怖症だったのかも知れないとつくづく思った。
画像

上の方はもうすでに落葉をしていて枯れ木だったが、下の方はまだ紅葉樹も残り、山の高さを感じさせてくれた。
画像

山頂はすでに冠雪とのことだが、あちこちに見られる滝も壮観だった。
画像

それにしても高い、脚がぶるぶる・・・
画像

展望台
画像

ここからさらに300メートルほど登ると見晴らしが良さそうだったのだが、ちょっと断念^^;
画像

本当にさわやかな秋晴れで、素敵な時間を堪能させてもらった。
画像

6時過ぎに帰宅して、ちょうど売り出しだった国産牛肉を一切れと絹豆腐やもやしなどを買って帰って、二人で焼き物をしながら晩酌。
本日は300キロ以上の運転ご苦労様でしたとねぎらった。

感想として、今まで仕事をしていた私達は週末行動が普通だったのだが、平日にたくさんの人が移動していることに驚いてしまった。
スーパー林道にもたくさんの観光客が訪れていた。
観光バスや個人など、確かに「林住期」と言われる人たちが多いと実感した。
ひるがの高原では、高山を目指しているらしい外国の人たちの集団とも出くわした。
ちょっと「林住期」を実感した新しい体験だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年10月29日 08:44
白山様のお陰で・・ということを、地元の方はよくおっしゃるそうですね。こんなに素晴らしい景色を堪能する機会もないまま、夫はこちらに戻りました。
惜しいことを!!
ゆっくりとした時間をお楽しみになれて、よろしゅうございました。
2011年10月29日 11:04
ベラさん
私も白山は初めてなのです。
以前に一度、山好きの友人と登山の計画が上がったのですが、天候不良のために流れました。富士山は若いときに登って、雲海の上のすばらしいご来光に感動したことがあります。
今回は車でしたけれど、ちょっと登ると疲れるので体力不足を痛感しました。
ぼちぼち体も鍛えて行きましょうかね。
仕事の責任から解放された夫には、ようやく心の余裕も出てきたのでしょう。
2011年10月29日 20:09
白山
綺麗な場所ですね
車での山道怖そうでドキドキです
秋晴れで景色堪能出来ましたね
私も堪能しました
  スッゴク+.゚(●´ω`)b゚+.゚イィ!!
ご主人様今は最高なお気持ちなんでしょうね
仲良しで羨ましい(^_-)-☆
2011年10月29日 22:00
素晴らしいドライブをなさったのですね。

景色の素敵なこと・・・
なんとも
きれいな空。
300キロのドライブだなんて、家ではとうてい
考えられません(ーー;)
2011年10月29日 23:05
まりたさん
急なカーブの続く高い山道、「箱根の山は天下の険♪」なんて歌を思い浮かべました。
深い渓谷が道路脇にあるのが怖くて、かなりびくびくしました。
低いところではそんなに怖くなかったのですけれどね。
空も綺麗でしょう?
とても感動しました。
2011年10月29日 23:11
kyabetuさん
ところどころ歩く見所もあったのですが、私は体力不足でトホホ(^_^;)でした。
山頂は冠雪とのことで、上の方ももうすでに枯れ木の冬模様でしたが、下の方はまだまだ秋の風情を漂わせていました。
内心、渓谷から谷川になるとやっとホッとした私です(^_^;)
運良く、デジカメを持っていたので良かったです^^

この記事へのトラックバック