わらべ唄 生きる力を育てる

今日は友人がわらべ唄サークル活動にやってきてくれました。

じゃんけん遊びや鬼遊びなどをやりながら、勝つ意欲を育てるとのことでした。
勝ったときには万歳をして、負けたときには「負けました」と認めて、今度は勝とうと思う気持ちをもつのが大切だと言うことです。
勝つためのきちんとした目的を持って強く生きることの大切さを育てることの大切さを語っていました。
数年前に、運動会で一等二等などの勝ち負けを決めるのは良くないという意見があり、手をつないでゴールをするという話を聞いたことがありますけれど、それは甘えと逃げになるのかもしれません。
最後まであきらめずに頑張る力は、勝とうとすることで、それは結局は自分自信に勝つことだと言うことです。
最後まで全力を尽くす力を育てることは、自分の負けを他人のせいにしたり周囲に責任転嫁をしない強さを育てるのだそうです。
ずいぶんと言葉足らずなので、うまく伝わるかどうかは分かりませんけれど、「遠野のわらべ唄」は奥の深い世界です。
そして、配慮は、子供が勝った時点で止めることだそうです。

庶民の健康作りのプログラムもおもしろいです。
「ネコタコ」という指遊びは、その前にそり繰り反って背中を見てから、しばらく指遊びをします。
すると、その後またイナバウアーのように反り返ると、今度は背中の景色が広がるのです。
これは老化防止にもいいそうです。
そういえば、私の友人は脳梗塞になってから、リハビリのためにビアノの練習を毎日日課にしています。

断片的に書いているので、うまく伝わらないかもしれませんが、人の心と体を育てて、強い生き方を養うわらべ唄を少しでも多くの人に伝えるのを、友人はライフワークにしようとしています。

本当に、自分は何もできないのに、素敵な友人に支えられていることに感謝の日々です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年07月25日 15:15
色々なサークルがありますね
「最後まで全力を尽くす力」
このように育ってくれるように
なって欲しいです
2011年07月25日 18:54
運動会とかは簡単だけれど人生の勝ち負けは誰がどうして決めるのかと考えてしまいました。
それは自分であれば、負けることとかも経験し悔しさを覚えると頑張るという気にもなるのかもしれません。
かけっこと人生は一緒には語れないかもしれないけれど、仲良しだけでは人生を乗り切ることも出来ないのだから勝ち負けを覚えてそして頑張ればいいのでしょうね。
2011年07月25日 22:57
まりたさん
本当にそうですね。
怠ける心を覚えさせないと言われました。
ううむ、現在の教育は反省しきりですね、きっと。
2011年07月25日 23:00
はるばるさん
はるばるさんが真剣にお孫さんと相撲をされる姿、印象に残っています。
一生懸命頑張って勝つこと・・・・それが大切なのですね。
人生の勝ち負けをどう教えるのか、それがわらべ唄にあるような気がしました。
ここで、一言では語り尽くせませんけれどね。
言葉少なで申し訳ありません。
2011年07月26日 21:18
古い奴だとお思いでしょうが・・・
「お子様」と「保護者様」に対して
毅然とした態度で臨めない教育界の傾向を
本当に嘆かわしいと思っております。
勿論、全部がそう、とは申しません。
でも、指導者はもっと毅然としていていいのだと思います。勝ち負けがあって当たり前だし、堂々と戦って、結果についてはたたえ合うのが・・・当然だと思うのです。
正しい戦い方、を覚ることは大切ですよね。
頑固な母ですが、譲れません。
2011年07月27日 02:30
いあいあ^^
ベラさんは古い日本人らしさを固執しておられるところが素晴らしいのです。
今書店で平済みになっているのは現在の日本の危機に対するそんな本が多いのです。
江戸時代の地域教育力の素晴らしさと、日本人の考えの素晴らしさには未だに学ぶ物がたくさんあります。
最近のAC広告機構で発信されている江戸しぐさなどもその一つですけれど。
この時期だからこそ、日本の素晴らしさを今一つ見つめる必要があるのかも知れません。
ちっち
2011年08月25日 14:19
遠野のわらべうた私 もすごーく興味があります。ぜひお友達に話がききたいので連絡方法教えてもらえませんか。お願いします。
2011年08月25日 23:05
ちっちさん
友人はわらべ唄を伝えるのをライフワークにしたいとも言っています。
連絡方法・・・・メールなどはいかがでしょうか。
お住まいはどちらでしょうか。もしも都合が付きましたら、9月のわらべ唄サークルに来られるのも良いかと思います。
2011年08月26日 00:01
ちっちさん
遠野のわらべ唄は、とても素晴らしいです。
是非広めていただきたいと思っています。
ここのブログの「メッセージを送る」にメールをいただければ連絡できると思いますよ。
ちっち
2011年08月28日 07:20
わたしはインターネットに詳しくなくってブログのメッセージを送るのところに行き着きません。お恥ずかしい。ここに私のアドレスを書き込むのは良くないのでしょうか。すみません。
ちっち
2011年08月28日 07:40
再度お恥ずかしいですがパスワードとかなんだかよく分かりません。でもなんとか連絡取りたいのでファックス番号かきます。よろしくです。0471672155FAX
千葉県に住んでいます。はなさんは何県なのでしょうか
はな
2011年08月28日 16:43
ちっちさん、了解です。
まず、ファックスを送ります。

この記事へのトラックバック