絵本

画像

先日美容室に行ったとき、美容師の先生が言っていました。
2歳のお孫さんがこの本が大好きなんだって、朝昼晩と読んでくれとせがむそうで、今度私が来たら是非に伝えようと思っていたとのことです。
世界でたった一人でも喜んでくれる人があったら、こんな嬉しいことはないです。
「やぁめた」という繰り返しが大好きなようで、そこは自分も声を出すそうです。

こんな話を聞くと、また書きたくなりますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

to
2010年10月31日 21:50
私のところの待合室にもおいています。
ありがとうございます。
世界に一人じゃないです(笑)
2010年10月31日 23:31
あれっ、はなさんって、童話作家さんなんですか。
うわー、凄い。憧れますねえ。
孫が小さい頃に、せがまれてよく童話を読みましたけど、どうやったらこんな物語が出てくるのか不思議でした。大人が読んでも面白いですものね。
2010年11月01日 17:20
toさん
ありがとうございます。
また書きたくなりますけれど、今は余裕がありませんね^^;
2010年11月01日 17:23
ヒゲおやじさん
童話作家などというものではないのです。
最初で最後の作品になるかも知れないのです。
画家さんが古くからの友人で、何かの弾みにトントンと話が進んでできあがりました^^;
マーゴちゃんのために書きました。
下の子が幼稚園に行き始めた頃あまり慣れなくて、
幼稚園の先生が、この本を読んでくれると元気になったと言っていました。

この記事へのトラックバック