世帯分離

 先日、ショートでお世話になった施設から電話がありました。
「お宅は世帯分離をしていますか?」と。
 一緒に生活していて、若い頃からずっと姑夫婦の生計を支えてきた私としてはかなり驚くことでした。
言われてみれば、来年の春からは虎ちゃんも無給で年金生活となります。早期退職の私もいつか年金がもらえるかも知れない時までは全く無給です。それまで日本の国が順調に保ち続けていればの話ですけれど。
 確かに60歳以上の年金暮らしの家族で、誰かが誰かを扶養するというのは不自然です。退職直後の虎ちゃんの年金は10万円台です。姑の生活まで背負えません。姑の年金の方が多いくらいです。
 その方は言われました。姑と世帯分離していると姑の介護施設利用費用が安くなるのですと。なるほど、同居しているから無理なのかとずっと思っていました。友人が、お母さんを施設に預けたとき、世帯分離をしたら、月に15万円の費用が10万円になったと言っていたのを思い出しました。

 今夜やってきた虎次郎は「僕はファイナンシャルプランナーの資格を持っているんだよ」と言っていました.。
なかなか会えなくて、相談もできませんでしたけれど、今夜はそんな話をしました。
(正直、気分は子虎ちゃんでしたけれど)

さらに、世帯主とそうでない者との支給額の差や、夫が亡くなったときの妻のその後の年金額など、少しでも年金支払いを少なくしようとしている政策が見え見えです。
虎次郎は「僕らの時代になったら、もう年金なんて当たらないかも知れない」と言っていました。
そかそか、もらえるだけでも感謝かも知れません。

世帯分離については、「同じ家に住んでいても生計を別々にしていたら世帯分離できる」とのことです。
今度、ケアマネさんに相談してみようと思います。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック