姉妹

 私は次女だ。姉は実に活発で、よくしゃべる。こどものころからついつい私は押されて、黙って本を読んでいる子となった。大人になって、こんな職業に就いてからは「ええっ 信じられない」と言われるけれど、本当の話だ。今回,甥の結婚式に行ったときにも、そんなことを感じた。あちこちの親戚と上手に交流する姉の姿を見て、ひたすら感心。
 考えて見れば、上手なのは姉ばかりではない。こちらの義姉(夫の姉)も実に元気なのだ。義姉の場合は世渡り上手と言えるかも知れない。自分の不器用さをついつい感じてしまう。
 この度甥の結婚式に行って、気のついたことがある。甥は三人姉弟だ。姉と妹がいる。この姉と妹、姉が見事に仕切るのだ。親戚の間を縫うように回って、そつなく挨拶をこなしている。彼女は結婚してお江戸で生活をしているからそのせいかと思ったけれど・・・・どうやらそれだけではないらしい。東京学芸大学に在学中の妹は「おねえちゃんにいわれたから」と、歌を歌っていたけれど。姉は偉大なり。私は、自分は永遠に妹だなと思った。
 しかし、男性はそうでもない。虎ちゃんはとても無口だけれど、とても適切な行動をしてくれるといつも思う。人それぞれ、それなりに似合っているんだろうなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年09月27日 14:56
あゆ民も末っ子なのですが。。。
人見知り激しいので始めてお会いする人とは上手く会話が出来ないんですよぉ
慣れると機関銃トークなんですけどね(大笑
でも兄は誰とでも仲良く楽しく話が出来る人なんです。
人見知りなんて全くない人。。。
あゆ民の小さい時は兄の金魚の糞でしたぁ
今でもやっぱり妹でしかないですよぉ
2010年09月27日 15:31
あゆ民さん、
そうですね。私も今更変わりません^^
でも、ネットでこうしてたくさんの人と交流できるのにはとても感謝しています。
いつも思います。
私には私ににあった人生があると。

この記事へのトラックバック