お新香計画

画像

猫の額ほどの空間に、子ども達が蒔いた大根の種が芽を出した。
大根は土の深さがある程度は必要なので、小さな花壇に木で柵をしていただき、土を運んでいれた。
お父さんたちが協力して下さった。 感謝 感謝。
画像

この大根に声かけをして育てて、収穫したらたくあん漬けをするというのが、若いお母さんたちの計画である。
この活動は、昔、私が大々的に地域ぐるみでやったことがある。

「お新香巻きパーティ大作戦」
春にはお父さんやおじいちゃんたちが、竹を割って竹ひごを作り、お母さんや子ども達と寿司用の巻きすを編んだ。
巻きすを編む道具は、お父さんたちが木ぎれに切り込みを入れ、お母さんは砂を入れた靴下をたこ糸の両端につけて、靴下の重りを利用しながら編んだ。
夏には、子ども達はそのマイ巻きすで、キュウリやウインナなど、家庭で細巻き作りの練習をした。
夏の終わり、大根の種まき。
子ども達はいつも畑を覗いて、大根に声をかけた。
11月収穫。お婆ちゃんたちに教えてもらってこどもたちが綯った縄で大根を干した。
12月沢庵名人の人たちが何人も見えて、沢庵の漬け込みをした。
お婆ちゃんたちは漬かり具合を気にして、何度も何度も足を運んで見に来て下さった。
「畑も漬けものも足音を聞かせるとおいしくなるんだよ」との言葉が心に残っている。

1月、自然の香りのするとてもおいしい沢庵ができた。
今まで、沢庵を嫌いだったという子どもたちも、みんな喜んで食べた。
最初は自分たちでお新香巻きを作って、お世話になった人たちを招待し、いろいろな発表をした。
その後はお母さんたちもやってきて、いろいろな材料で細巻きを作り持ち帰ることにした。
それぞれの家庭の夕食はその日はみんなお寿司ということで・・・・。
その時、一緒に活動した人たちは今でも会えばとても懐かしい。

今のサークルでは、来年は大きな畑を借りようかという話が盛り上がっている。
今年のささやかな活動が、来年さらに発展すると良いな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック